ホーム » 第49回:Webサイト制作を通じて「棚卸し」をする重要性 – WebマーケティングPodcastラジオ

■この動画について
WEBコンサルティング事務所ラウンドナップコンサルティングが提供するPodcastのYouTube版です。
WEBマーケティング初心者(ノンスペシャリスト)の方に向けて、WEBのノウハウ、SEOやSEM、サイトの制作方法、反応の取り方、メールマーケティングの情報を無料で配信しています。

iTunesで是非毎回ご登録下さい。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zhong-shan-yang-pingno-non/id750899892

提供元:http://www.roundup-consulting.jp/ (代表:中山陽平/ウェブ解析士マスター)
情報サイト:http://www.roundup-strategy.jp/

チャネル登録:http://www.youtube.com/user/WebMarketingJAPAN/
Podcast(おすすめ):https://itunes.apple.com/jp/podcast/zhong-shan-yang-pingno-non/id750899892

■トランスクリプション
今回はWEBサイト制作の話ですね。

その制作というものをどう捉えるかというところの話をさせてもらおうかなと思います。

WEB制作と言うとコストがかかっていろいろ大変だなぁと少しネガティブな方向で捉えられたり、あるいはこれで営業といいますか、引き合いや受注が増えたらいいなぁという純粋な営業的な観点からみられることが多いと思います。

それだけでは非常にもったいないんですよね。

結論から言ってしまうと、タイトルにもあるんですけれどもWEBサイトを制作するって言うことは、ただ単に営業のチャネルを改善すると言うことでは無く、その会社の棚卸しをする、つまりうちはどういう会社で、どういうお客さんがいて、他にどういう競合がいるのか、そういった現状を再把握する為に行うと言う意味合いもあるんだよと。そういう意義もあるんだということをぜひ押さえておいて頂きたいです。

制作に取り組むにあたり、この考えを持つか持たないかでは、かなり実際に得られるものが違って来ます。

WEBサイトを構築するあるいはリニューアルするということは結構な費用がかかることですから、出来るだけ多くの物を得たいですよね。

その時にサイトのコンテンツやデザインの部分だけを考えたり、リニューアルの際にもそこだけに着目するのではとても勿体無いです。

きちんと真面目に勝てるWEBサイトを作ろうと思ったら、うちでもそうやっていますけれども、一番大事なのはマーケット、市場の分析なんですよね。

一番分かりやすいのは3C分析かなと思います。

私も基本的にこの3C分析を使っているんですけれども、一体自社にはどういう特徴があって、資産があって、資産というのは人的資産やいわゆるお金、ブランドなどの無形の資産、人脈と行った目に見えない資産もありますが、それらによってどういう強みを得て、今この業界で生きて行けているのか。

そういうことって、普段なかなか見えてこないですよね。

この続きは本編をお聴き下さい。


お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さい。

24時間受付 お問合せメールフォーム

中山 陽平

Web活用を本気で頑張りたい企業の成功とノウハウ蓄積を支援。小さな企業専門の伴奏支援。戦略立案から実行提案・診断・HP制作などを提供。無制限全国対応のアドバイザリ・顧問や嫌な営業対応代行など一気通貫で外部の専門家としてお守り。2001年に業界に入り支援経験600社以上。技術評論社から書籍出版、WebセミナーPodcastは月間1万ダウンロード。

View all posts

最新のメルマガ

月別メルマガバックナンバー

運営Webコンサルタント紹介

中山 陽平

Web活用を本気で頑張りたい企業の成功とノウハウ蓄積を支援。小さな企業専門の伴奏支援。戦略立案から実行提案・診断・HP制作などを提供。無制限全国対応のアドバイザリ・顧問や嫌な営業対応代行など一気通貫で外部の専門家としてお守り。2001年に業界に入り支援経験600社以上。技術評論社から書籍出版、WebセミナーPodcastは月間1万ダウンロード。