ホーム » 第54回:プロダクトは機能ではなくユーザーエクスペリエンスで選ばれる – Webマーケティングラジオ

■この動画について
WEBコンサルティング事務所ラウンドナップコンサルティングが提供するPodcastのYouTube版です。
WEBマーケティング初心者(ノンスペシャリスト)の方に向けて、WEBのノウハウ、SEOやSEM、サイトの制作方法、反応の取り方、メールマーケティングの情報を無料で配信しています。

iTunesで是非毎回ご登録下さい。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zhong-shan-yang-pingno-non/id750899892

提供元:http://www.roundup-consulting.jp/ (代表:中山陽平/ウェブ解析士マスター)
情報サイト:http://www.roundup-strategy.jp/

チャネル登録:http://www.youtube.com/user/WebMarketingJAPAN/
Podcast(おすすめ):https://itunes.apple.com/jp/podcast/zhong-shan-yang-pingno-non/id750899892

■トランスクリプション
今回はまるでルー大柴のようなタイトルになっておりますが「プロダクトは機能ではなくユーザーエクスペリエンスで選ばれる」です。

これは昨日の講演で話した内容のほんの一部ですが、その内容を拡大してお伝えしていきます。

プロダクトつまり商品やサービスと言うものは、特にサービスの方ですが、ファンクション(つまり機能、こういうことが出来ます、こういうものが新たに手に入ります、そういった機能)の方では無くて、使い勝手であったり、ブランドなんかも含めた体験ですね、そういった、ぼやけた「エクスペリエンス」というもの、こちらの方がどんどん重要になって行きますよ、というところを今回お伝えしたいと思っています。

一体どういうことかと言うと、プログラムを書く、サービスを作る、そういうことの敷居がどんどん低くなっています。

昔で言えばプログラムを書くなんて一部の人間しか出来なかったことです。

まだまだデスクトップアプリケーションと言うものが主流だったと言うこともありますけれども、なかなかナレッジと言うものもネット上には無くてちゃんと技術力があると言いますか、昔からプログラムを書いているような方が作っていた、そういうものだったんですね。

それが今や便利なフレームワークであったり開発環境であったり、ネット上で検索すれば便利な情報もたくさんひっかかります。

こういった環境の中では作るための時間と言うのは非常に下がってきていると言う風に考えられます。

これが何を意味しているかと言うと、もし皆さんがWEBサービスなりWEBアプリケーションと言うものを提供しているのであれば、そのサービスと言うものは誰かにはコピーされる、と言う風に考えておくことをお勧めします。

リバースエンジニアリングと言った濃いことをやらずとも、特に単純なプロダクト、アドワーズですとかグーグルヤフーなんかのプロモーション広告ですね、APIを経由して自動的にレポートを作るといったようなシンプルなサービスであれば、APIの仕様ですとかどんなデータを取れるというのが分かれば、どんな感じに実装しててこんな感じに出力すればいいんだなというのは、少しプログラミングを経験したことがある人には容易に把握できると思います。

この続きは本編をお聴き下さい。


お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さい。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム

中山 陽平

株式会社ラウンドナップ代表取締役社長/コンサルタント。ラウンドナップ・Webコンサルティング代表。2004年から国内外のマーケティング情報を配信中。Podcastは月間1万DL。2016年技術評論社より書籍『勘違いをなくせば、あなたのホームページはうまくいく』出版。

View all posts