ホーム » 第09回:CVRアップのためには見込み度ごとのCallToActionと動線設計が大切 – WEBマーケティングラジオ

■この動画について
WEBコンサルティング事務所ラウンドナップコンサルティングが提供するPodcastのYouTube版です。WEBマーケティング初心者(ノンスペシャリスト)の方に向けて、WEBのノウハウ、SEOやSEM、サイトの制作方法、反応の取り方、メールマーケティングの情報を無料で配信しています。

iTunesで是非毎回ご登録下さい。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zhong-shan-yang-pingno-non/id750899892

提供元:http://www.roundup-consulting.jp/ (代表:中山陽平/ウェブ解析士マスター)情報サイト:http://www.roundup-strategy.jp/

■トランスクリプション
今回も11/29のラウンドナップの記事ですね、こちらから、前回の続きをやって行きたいと思います。

この記事は、元の記事も是非ご覧頂きたいんですけれども、「『WEBサイトから成約・コンバージョンしないしない…なぜ?』そんな時まずチェックしたい4項目とその理由」前回はその4項目の1つ目、バリュープロポジションの話をさせて頂きました。

続いて今回は2つ目、CTA(Call to Action)ですね、が、バラバラ、かつ沢山ある、と。

このケースについてどういうことかっていうのを深堀りして行きたいと思っています。

是非最後までお聴き頂ければと思います。

CTAっていうのはつまり、ある行動を呼び起こすようなボタンですとか、ラベルとか、そういったものですね。

昔のダイレクトレスポンスマーケティングの時代ですと反応装置ですとかレスポンスデバイスと呼ばれていたものに近いと思います。

割とこの記事の中では色んなCTAを出すと混乱してしまいますよー、ですとか、必要な物だけ出して動線を作って行きましょうというところにフォーカスしていたんですけれども、実は一番大事なことっていうのはその裏にありまして、これはちょっと長くなるので記事には書かなかったんですけれども、サイトの動線設計というものを、そのサイトのお客様の段階ごとにきちんと行わなければならない、っていうのが根本的にやらなければいけないこと、なんですね。

で、サイトっていうのは柔軟に対応できないですよね。

柔軟に対応できないっていうのはどういうことかというと、例えばサイトって、ほんとに初めて来た、偶然来たような潜在客、または潜在客にもならない、お客さんにならないような人も含まれているかもしれませんけれども、まぁ潜在客、それから1回来て2回目くらいに来たという見込み客、何回も来て検討している濃い見込み客、1回買ったような初回客、あるいはリピーターになっているような方、様々な人が基本的には同じサイトを見に来ます。

この続きはPodcastをお聴き下さい。


お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さい。

24時間受付 お問合せメールフォーム

中山 陽平

Web活用を本気で頑張りたい企業の成功とノウハウ蓄積を支援。小さな企業専門の伴奏支援。戦略立案から実行提案・診断・HP制作などを提供。無制限全国対応のアドバイザリ・顧問や嫌な営業対応代行など一気通貫で外部の専門家としてお守り。2001年に業界に入り支援経験600社以上。技術評論社から書籍出版、WebセミナーPodcastは月間1万ダウンロード。

View all posts

最新のメルマガ

月別メルマガバックナンバー

運営Webコンサルタント紹介

中山 陽平

Web活用を本気で頑張りたい企業の成功とノウハウ蓄積を支援。小さな企業専門の伴奏支援。戦略立案から実行提案・診断・HP制作などを提供。無制限全国対応のアドバイザリ・顧問や嫌な営業対応代行など一気通貫で外部の専門家としてお守り。2001年に業界に入り支援経験600社以上。技術評論社から書籍出版、WebセミナーPodcastは月間1万ダウンロード。

SNSでも情報配信中

共有