ホーム » 第03回:マーケティングにおける「視線誘導」の基本 – WEBマーケティングラジオ

■この動画について
WEBコンサルティング事務所ラウンドナップコンサルティングが提供するPodcastのYouTube版です。WEBマーケティング初心者(ノンスペシャリスト)の方に向けて、WEBのノウハウ、SEOやSEM、サイトの制作方法、反応の取り方、メールマーケティングの情報を無料で配信しています。

iTunesで是非毎回ご登録下さい。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zhong-shan-yang-pingno-non/id750899892

提供元:http://www.roundup-consulting.jp/ (代表:中山陽平/ウェブ解析士マスター)情報サイト:http://www.roundup-strategy.jp/

■トランスクリプション
今回のテーマなんですが、前回のpodcastを聴いて頂いた方からの質問で、話の途中で「人間の顔というものが非常に人間の視線とか感覚を誘導する」といった話ですね、ここをもう少し突っ込んで話をしてもらえないか、というご質問がありました。

なので、ちょっとここはWEBマーケティングというよりはどちらかというとデザインとかインターフェースとかそういう話になって来るんですけれども、いくつかの実際の経験というか実践的なものをお伝えできればと思います。

で、顔写真、これはもう子供、赤ちゃんの動き何か見るともうホントそうですよね、とにかく人間は、人の顔というものを最初に見るように出来ています。

で、例えば、あるサイトのアイトラッキング分析、つまり最初にどこを見て、その次にどこを見て、という、このアイトラッキング分析というものを行うと、ほぼ100%まずその「顔」に行くんですね。

で、それは「人の顔」の場合もあれば動物の顔ですとかそういう生き物系の顔の場合もあるんですけれども、まずはもう「顔」のところに行きます。

もう少し言ってしまうと、点が3つある「顔っぽいもの」のところに人間の目は行きやすくなる、顔じゃなくても顔っぽいところに行ったりしますね。

これを利用してロゴをちょっと顔っぽくしてロゴのところに視線を行かせて、それによって「ロゴ」というものの認知度を上げてブランディングというものを行っているような企業もあったりします。どこというのはちょっとお伝えできないんですけれども…。

ということでまず、そもそも顔というのは非常に人間の目線を引きやすい、というところは必ず押さえておいて下さい。

で、じゃあ顔なら何でも良いのか、というと、更にもう一歩あるんですね。

それは目の目線、どっちを見ているか、人間は、その目線に誘導されます。

例えばWEBサイトの左端に、右側を向いている人の写真が載っていたら、まず写真の人の顔を見て、そして右側に視線を人間は自然に持って行きます。

この続きはpodcastをお聴き下さい。


お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さい。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム

中山 陽平

株式会社ラウンドナップ代表取締役社長/コンサルタント。ラウンドナップ・Webコンサルティング代表。2004年から国内外のマーケティング情報を配信中。Podcastは月間1万DL。2016年技術評論社より書籍『勘違いをなくせば、あなたのホームページはうまくいく』出版。

View all posts