ホーム » [第228回]感染症など社会的事件が起きた時、企業がメール告知で押さえるべき3つのポイント

今回は、今起きているコロナウィルス(COVID-19)感染症にかかわらずに関わらず、社会で大きな事件あるいは会社として大きな事件が起きた際に、顧客や見込み客に対してどのようにお知らせをすべきかという点について扱います。

話題だからといって、それに便乗して自分たちの利益に繋げようとしたり、自己顕示欲を満足させるために急に普段と違う事を行うなどすると、意図しない結果を招く可能性があります。

では、何に気をつけて、どんな考え方を持って進めれば良いのでしょうか。

今回はそれについて取り扱います。

運営元

ラウンドナップ・Webコンサルティング(株式会社ラウンドナップ)
サービスサイト:https://www.roundup-consulting.jp/
動画配信ページ:https://www.roundup-consulting.jp/nakayama/
会社概要・代表者ご挨拶:https://www.roundup-consulting.jp/company/


お悩み・お困りの方へ

では自分はどうしたらいいんだろう、どこをどうするのがよいんだろうという疑問を抱えているのは気持ちの良い物ではないと思います。もしよろしければお問合せ下さい。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
お電話でのご相談もお気軽に。[0120-234-717](10〜17 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム

中山 陽平

株式会社ラウンドナップ代表取締役社長/コンサルタント。ラウンドナップ・Webコンサルティング代表。2004年から国内外のマーケティング情報を配信中。Podcastは月間1万DL。2016年技術評論社より書籍『勘違いをなくせば、あなたのホームページはうまくいく』出版。

View all posts