ラウンドナップ・コンサルティング公式ブログ 代表中山陽平が記事執筆。コンサルのノウハウ進化のための情報収集の一部を発信中。2004年〜開始。

【SEO図解】ノンエキスパートのためのGoogleアルゴリズム構造図(ハミングバードとは?)

2013-10-23_NEW_no-seoer

世界中のホームページの情報を集め、その情報を「検索結果」という形で出力する。しかもそれを「利用者が使いやすく・有益なもの」するために、Googleは複雑なアルゴリズムを日々進化させています。

そのため、Googleの「アルゴリズム(algorithm)」はとても複雑になっています。

しかし、おおまかな姿を把握しておくことは、SEOに直接携わらない人でも大事なことです。情報の良し悪しや成否の判断ができることは、誰にとってもメリットが有るはず。なぜなら、検索エンジン経由でのアクセスはほぼすべてのサイトで重要だからです。

そこで今回は、このアルゴリズムの全体イメージを図解した記事をご紹介します。

例えば「ハミングバード(Hummingbird)になったというけれども、ペンギンやパンダはもうなくなったの?統合されたの?」「手動ペナルティはペンギン・アップデートなの?」といった疑問をきれいに解消できるようになります。

今回はそんな話題です。

記事はこちら。▶A [Poorly] Illustrated Guide to Google’s Algorithm – Moz : http://moz.com/blog/a-poorly-illustrated-guide-to-googles-algorithm

最終的な姿

最終的にはこのような感じになります。(画像は引用です。日本語は当サイトで追加しました)

2013 10 23 12 52 22

ハミングバードは、青い部分の改変でした。真ん中のところにイラストも入っています。このど真ん中が今までのページランクアルゴリズムからハミングバードになったんですね。

カフェインアップデートはインフラのアップデートでしたが、今回のようなアルゴリズムの大きな変化は過去初めてと言われています。

ではここからは、この頭が出来る過程について追いかけていきます。

※SEOを専門とする人にとっては、もしかしたら細かいところで突っ込みや解釈の違いはあるかもしれません。しかし、どんなことでも、最初はまず大きく把握しなければ。

以下、図のみは全て元のブログ記事からの引用です。

1.最もシンプルな形

まずは最もシンプルな形からスタートです。

2013 10 23 13 11 07

クローラがWEBを巡回して集めた情報を元に、Googleは「インデックス」を作ります。このインデックス自体はただのリストです。

そしてそのインデックスに対して、

  1. リンクの貼られ方(狭い意味でのバックリンク)
  2. 地域情報
  3. Google+やAuthorShipなどのソーシャル情報
  4. 最近のトピックであるナレッジグラフの情報
  5. などなど

を、検索結果に出すものの絞り込みと、検索順位を決定するための「メタ情報的なもの」として加えます。

検索順位の決定要因になっているものもあれば、そうでないものもあります。特に、エンティティなどは、絞り込みの部分ですね。ソーシャルについては不明な部分が多いので、ここは曖昧にしておきます。

それをもとに、アルゴリズムが「検索順位」や「どんな検索結果を出すのか(ローカル情報を入れる入れないなど)」を決めます。

また、アルゴリズムは「関連性のあるサイト(Relevance)」に絞り込んだ上で「順位(ranking)」を決めます。

なのでGoogleにきちんとサイトテーマを伝えることが大事だったりしてきます。この段階でフィルタリングされたらどうしようもないので。

これが基本となる仕組みです。

2.いろいろと検索結果にはオマケがついてくる

では、これだけで検索結果が決まるかというとそういうわけでもありません

検索したキーワード(クエリ)によっては、

  • 画像検索結果がくっついてくる(バーティカル・Vertical)※Verticalは画像検索のみではありません詳しくはこちら
  • Google+ローカル(Googleプレイス)など地域情報がくっついてくる(ローカル・Local)
  • Google+1の情報やAuthorShip情報がついてくる(SOCIAL)

ということがあります。これによって見た目上のランキングが変わります。リランキングされます。ローカルは最も分かりやすいかもしれません。

ローカル情報が大事となれば、最大7つくらいローカル情報が入り込んできます(7-pack)。1ページ目に表示されていたサイトが多数2ページ目に押し出されてしまったりします。

こういった情報の挿入を「順位変動」と捉えるべきかどうかは、意見の別れるところですが、少なくとも利用者目線では順位は変わっています。なので順位変動と捉えるべきかと思っています。

ちなみに、検索結果はとてもたくさんのパターンが有ります。

具体的にどんなものがあるかは、3ヶ月ほど前にまとめましたのでこちらの記事をご覧ください。

3.ここに手動ペナルティや否認ツール、パンダやペンギンの情報が加わる

そしてここに、ペナルティ周りの情報が加わっていきます。

そうすると冒頭の姿になります。

これを見ると、手動ペナルティやリンク否認ツール、パンダ・アップデートペンギン・アップデートが、今回のハミングバード化には直接関係がないことが分かります。

もちろん、中心となるアルゴリズムが一新されていますので、全体として結果が変わってくる可能性はあります。

ただ「ペンギンは消えた」「パンダはハミングバードに吸収された」といった捉え方は、仕組みを考えると適切ではない、ですよね。

2013 10 23 12 52 22

終わりに

おおまかにこういったイメージを持ってもらえると、ズレはないかなと思います。

細かくいえば、いろいろと意見の別れるところもあるかもしれません。もっとこういう要因も大事にスべきだということがあるかもしれません。

しかし、まず大きく把握することが大事です。

 

どんなSEO情報もノウハウも、この図をまずイメージして捉えてみると

  • 本当にやっても大丈夫なのか
  • やってみる価値、意味があるのか
  • 正しいか正しくないか

がある程度判断できるようになります。また、そもそものサイトの問題点が分かってきます。例えばGoogleのインデックスにきちんと登録されていなのにもかかわらず、ソーシャルの心配をしても仕方ない、など。

怪しいSEO情報に眼をくらまされないためにも、直接SEOに関わらない人であっても、覚えておくといいのです。

元記事も合わせてご覧ください。一部途中経過を省いておりますので。

▶A [Poorly] Illustrated Guide to Google’s Algorithm – Moz :
http://moz.com/blog/a-poorly-illustrated-guide-to-googles-algorithm

Webコンサルタント中山陽平公式サイトお悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

No Trackbacks.