企業のHP制作やネット活用なら、Webコンサルによる分析提案から制作・運用までの幅広いサービスが最適です。

インバウンド・マーケティング関連

代表中山陽平ブログ「苦手意識を無くせばWeb活用はうまくいく!」

弊社では主に「がんばる中小企業」のWeb活用をサポートしています。今の時代、第3者である、制作会社や代理店におまかせでは勝てません。同じような商品・サービスが溢れる中、選んでもらうためのコンセプトを立て、それを実現するためにネットもリアルも総動員しながら戦う必要があります。

みなさんが世の中に・自社の従業員に実現したい幸せや提供価値を、しっかりと実現していくためには、みなさん自身が主役になり、私達のような専門会社が側面支援するのがベストです。

このブログでは御社が中心となってウェブ活用できるヒントを配信しています。お悩みの方はお気軽に問い合わせフォームからご相談ください。

最新の記事一覧

ローカル・コンテンツマーケティングの勧め:地域商圏の商売のコンテンツとSEO策

ローカルビジネス(特定の地域が商圏となるビジネス)が、検索エンジン経由で新規開拓をしようとするとどんなことを行えばいいでしょうか。コンテンツマーケティングでは有名な、RiverPoolAndSpa社をコンテンツの力でリーマン・ショックから救ったMarcus氏のやり方をご紹介。

[Podcast第81回]:マーケティング・オートメーションツールを導入するタイミング

MAに関わらずツールという物は、「ツールを使おう」から入ると失敗するケースが多いです。そうではなく、マーケティングを回していて出てきたニーズを解決する物として「ツールに出会う」という流れにしないと、ツールに使われるか、あるいは使いこなせないまま終わる事が少なくありません。

あなたの会社がマーケティング・オートメーションを導入すべきか考える基準とは?

ウェブから反応を得るために、コンテンツの活用が企業に急速に広まっています。加えて、データを基にしてコンテンツなどを活用する「マーケティング・オートメーション(MA)」ツールとその機能・効果に注目が集まっています。これは中堅・小規模事業者も注目し今後チャンスがあれば優先度高く導入すべき物・サービスなのでしょうか?

コンテンツを活用したマーケティングを行う際に、知っておいて頂きたいこと

最近広告以外の集客手段として頻繁に出てくる「コンテンツ活用(≒コンテンツ・マーケティング)」これは、成果をあげるなら、時間と労力がかかるものであるにも関わらず「今の時代の即効&特効薬」のようなイメージを持たされています。しかしそれは危険な考え方です。

[Tips]コンテンツを作りたいが何を書くべきか浮かばない時

コンテンツはWebマーケティングにおいて非常に重要な存在です、しかしパソコンに向かって「さぁ文章を書くぞ!」と思っても、なかなか最初は筆が進まない…ものだと思います。そこで今回は商売に必要なコンテンツを、少しでも楽に書くためのTipsです。

【前編】商売に役立つコンテンツ作成における必須の7項目

コンテンツはWebマーケティング上で非常に重要です。なぜなら、ビジネスにおいて、売り手から買い手情報を伝達するにはコンテンツを介する以外にないからです。しかしなかなかうまく行かないケースも少なくありません。そこで今回は、おさえるべき最初の一歩をご紹介します。

「目的・目標・計測指標」を押さえないと、企業のコンテンツ作成は失敗する

「とりあえずWebサイトを作って、いろいろ試しながら進めればいいや」という考え方は、おすすめできません。なぜならとりあえずはじめた情報発信がうまく行くことは稀だからです。今回はそれを避けるために押さえるべき3つのポイントについて。

あなたのWEBサイトがうまくいかない…その理由に気付くための4つの質問

「今は、インターネットを使って商売をすることができる時代だ、だからうちもネットを使って商売を加速させるぞ!」と、鼻息荒く始めたものの、その思いも虚しく成功しないケースは少なからずあります。むしろ成功するケースの方が少ないかもしれません。今回はそれに気付くためのステップについてです。

数字の入ったキャッチコピーを好むのは、実は男性より女性?

コンテンツの洪水の中で、自分の記事に注目してもらうためには、まずはタイトルで目を引かなければいけません。 そこで今回は見出しについて、「面白いかつ、そのままノウハウとして応用できそうな2つの調査結果」をご紹介します。

コンテンツ作成自体が目的化することのマーケティング上の危険性

Googleがコンテンツの品質を厳しく問うようになり、さらに買い手側がさまざまな情報をネット上で集めて自分で判断するようになったことにより、コンテンツの必要性が日増しに強くなっています。そんな時に一度振り返るべきなのは「なぜそのコンテンツを作っているか」です。

ただサイトのコンテンツ数を増やすだけの仕事になっていないか?

コンテンツは、ただ多ければいいというものではない。マーケティング戦略に沿って、一貫性を持って作っていかなければならない。常に「このサイトのゴール」を意識して、それに貢献するためのコンテンツ作り。その姿勢があるかないかが、見えない所で効いてきます。その時に気をつけたいポイントです。

【動画記事】コンテンツを追加したけれど、売上に結びつかないのはなぜ?

たくさんコンテンツを作った。確かに集客数は上がった。だけれども売上が­上がってこない...コンバージョンに繋がっていない...こんなケースは少なくあり­ません。「新しい種類のお客さんだからコンバージョンレートが下がるのは仕方ない」「­直帰率は上がるものだ」本当にそうでしょうか。

インバウンドマーケターを目指すときに必要な6つの条件

消費者の購買マインドは完全にインバウンド志向になっています。このままでは売り手も買い手も幸せになれません。そこで今回は「どうしたらマーケターはインバウンド志向になれるのか?」についてです。

「シェフの話」から見る「主役を見失うことの怖さ」と「メソッド病」

商売で常に忘れてはいけないのはなんでしょうか?その大きなものの1つが「主役を見失うことの怖さ」。主役を見失ってしまうと「結果が出なくなる」ことがとても多いんです。そしてその時何を主役だと思っているかというと、大概の場合「自分を主役にしてしまっている」では、なぜこれが問題か、そしてどのように問題化していくのでしょうか。

集客用コンテンツを作るときには「持続期間」も意識する

集客用コンテンツを考える際に、まず押さえるべき切り口は2つ。それは「質」と「持続期間」です。この2つをかけた面積が、集客コンテンツの価値とニアリーイコールだと考えると分かりやすいです。コンテンツの作成を考える際には、まずはこの面積をいかに広くするかを考えます。

【海外発】2012年人気だったWEBマーケティング記事(戦略一般・インバウンド・マーケティング・LPO・MEO関連)

今回も2012年振り返りです。前回の振り返りは「SEOとGoogle関連」でした。続いては「WEB戦略一般」と「インバウンド・マーケティング」「ランディングページ最適化(LPO)」「Google+ローカル(Googleプレイス)」関連の記事です。

危機感を煽るキャッチコピーは常に効果的なのか?

キャッチコピーは非常に重要です。なぜなら、それが示している製品やサービスの「印象」を決める最も重要な要素の1つだからです。そのため、コピーを決めるにあたっては、誤った印象を与えないか、将来にわたって通用する概念かなど多方面から吟味する必要があります。 そしてその吟味の中で「見逃してはならないポイント」があります。

あなたのコンテンツで「読者の心を揺さぶる」ための8つの自問自答

「これはきっと喜んでもらえるはず!いいね!がたくさんついてRTされて、ブックマークがついて…」とひらめいて、そして一気にコンテンツを作っていざ公開…したものの、「あれ…全然反響がない…なんで…」…ありますよね。それを避けるにはどうしたら良いか?そのためのノウハウです。