企業のHP制作やネット活用なら、Webコンサルによる分析提案から制作・運用までの幅広いサービスが最適です。

スマートフォン対応術

代表中山陽平ブログ「苦手意識を無くせばWeb活用はうまくいく!」

弊社では主に「がんばる中小企業」のWeb活用をサポートしています。今の時代、第3者である、制作会社や代理店におまかせでは勝てません。同じような商品・サービスが溢れる中、選んでもらうためのコンセプトを立て、それを実現するためにネットもリアルも総動員しながら戦う必要があります。

みなさんが世の中に・自社の従業員に実現したい幸せや提供価値を、しっかりと実現していくためには、みなさん自身が主役になり、私達のような専門会社が側面支援するのがベストです。

このブログでは御社が中心となってウェブ活用できるヒントを配信しています。お悩みの方はお気軽に問い合わせフォームからご相談ください。

最新の記事一覧

ECサイトでのモバイル利用は増えるもCVはまだまだデスクトップ

Webサイトを閲覧するデバイスとしてモバイル端末(スマートフォン・タブレット)の利用率は上がることはあれど、下がることはありません。国によってはほとんどがモバイルというケースも有ります。ただ、だからといって、購買フローの頭からおしりまで全てがモバイル端末で行われるかというと、やはりそうではないようです。

見栄えだけスマートフォン対応しても改善効果は大きくない?

モバイル化・スマフォ化というと、見た目を使いやすくすること、ユーザーインターフェースを改善することに「のみ」注意を向けているとしたら、それはちょっと違うかなと思います。インターフェイス自体も、もちろん大事なのですが、加えて中身をどうするかという観点が必要です。

【雑感】アプリをリリースし、自分でプロモーションを初めて分かったことなど

先日、当サイトのアプリをリリースしました。単純な情報アプリです。ただ、モバイルがどんどん主流になっていく今、自前できちんとアプリをリリースし、そのプロモーションを体感することは大切だと思ってリリースしました。その経過をシェアしていきます。

Googleトレンドを使って、各国のモバイル環境の違いを垣間見よう

国によってモバイル周りの状況は全然違います。日本の場合「ガラケー」の存在も有りますので、また特殊です。しかし、国ごとの違いを調べるのは大変、そんな時、Googleトレンドが結構役立ちます。

Googleガイドライン変更「モバイルサイトは1秒以内でファーストビューを表示させるべき」

Googleがモバイル端末向けサイトに関してのガイドラインを一部修正しました。、今回は、とにかく「最初に見える範囲を1秒以内で表示させよう」というガイドラインになりました。いったいどうすればいいのでしょうか。

モバイルサイトではとにかく「バリュープロポジションをトップページ明確に伝える」

そのサイトを見に来る人が一番知りたいことってこれじゃないのか?ということ、「知りたいことを」「必要十分に」「分かりやすく」相手に伝えられるかが、モバイルにおいては大きな勝負どころとなります。

【海外発】2012年人気だったWEBマーケティング記事(ソーシャル・モバイル)

今回も2012年振り返りです。前々回の振り返りは「SEOとGoogle関連」前回は「WEB戦略一般、インバウンド・マーケティング、LPO、Google+ローカル」でした。続いて最後は「ソーシャルメディア」と「モバイル」関連の記事です。見逃した記事、改めてチェックしたい記事が見つかれば幸いです。

モバイルマーケティングに役立つGoogle純正ツール&機能×4

Google純正のツールは、ちょっとフィルタをかけたり設定を変えたりするだけでモバイル用の便利なデータを出してくれるものが、実はたくさんあるんです。今回は、そういったツールを4つご紹介します。実際にモバイル戦略を立てるときに使っているものばかりです。

メールマーケティングには、レスポンシブデザインが急務の可能性

eMaketerが米国を対象に集計したデータを見ると、すでに全体の3分の1以上がモバイル端末でメールを読んでいるようです。少なくともメールからの集客が重要なページは対応をしなければいけません。その具体的な裏付けデータなどをご紹介し,これからどうすべきかという記事です。

「見た目と操作性をモバイルに最適化する=モバイル対応」では無い

どうしても「ユーザビリティ」の観点でのみ捉えられがちな「スマートフォン・タブレット対応」ですが、それ以外にも考えるべき事はたくさんあるのではないでしょうか。ユーザの立場になって考えることで、こういった改善点が見えてきます。

【参考資料】モバイルとPCの違いを表したインフォグラフィック

スマートフォン向け無料ゲームからのマネタイズに特化しているStartApp社の作ったインフォグラフィック。このインフォグラフィックスについての説明が元記事にもないので、参考資料として捉えるべきかと思いますが、このくらい差が広がっていると考える必要があるかもしれませんね。

レスポンシブデザインは本当に「最良の選択」なのか?

先月、GoogleもBingも「モバイルもPCサイトも同じURLで見られることが好ましい」と公式に発表しました。 しかし、認識を誤ってはいけないのは「1つのURLにしてしまえば特別にモバイルSEOを行う必要は無い」というわけではない、ということ。 別途モバイルはモバイルとしてSEOを行う必要があるこ...

新興国におけるスマートフォンユーザの利用動態は?

スマートフォンが大きく伸びていくと言われているインドについて、スマートフォンユーザの利用動態を調べた記事をご紹介します。男女の利用動態は、いわゆる先進国と大きく違うのでしょうか?それとも同じなんでしょうか?

【NIelsen調査】スマートフォンユーザとタブレットユーザは似て非なるもの

結果を見ていると、スマートフォンとタブレットは似ているようでやはりぜんぜん違うなと感じます。少なくとも、スマートフォンとタブレットを一緒くたにして扱うのは、あまり好ましくありません。どちらかというとタブレットはPCに近いのではないでしょうか。

モバイル端末用ランディングページの4つの基本

モバイルからのアクセス者に見せるランディングページ、単純にPC版の見た目を変えただけになっていないでしょうか。もうしそうであれば、コンバージョンレートは改善の余地が大きいかもしれません。ではどんなことを考えればいいのか?その基本をお伝えします。

Google公式モバイル戦略ガイド「Mobile Play Book」抜粋まとめ(3/3)

前回の記事で、GoogleMobilePlayBookから「モバイルになぜ取り組まなければいけないのか、まず何をするべきなのか」について眺めてきました。 今回は「どの様に組織を動かしていけばいいのか?」と「モバイルに適応したマーケティングを行うにはどうしたらいいか?」の章と、そして最終的なまとめです。

Google公式モバイル戦略ガイド「Mobile Play Book」抜粋まとめ(2/3)

Googleが出した、モバイル戦略のガイドブック「MobilePlayBook」から、最も大切な「モバイル戦略で何をおさえておかなくてはいけないのか」という部分を意訳してご紹介します。「バリュー・プロポジション」「モバイルが与えるインパクト」など、すべての基礎になる、モバイルプレイブックの中でも最も大切な部分です。

Google公式モバイル戦略ガイド「Mobile Play Book」抜粋まとめ(1/3)

Googleが公式に出した「The Mobile Playbook」という、これからのモバイル戦術に関するガイドブック。この内容がモバイル戦略に取り組む方にとっては必読の内容だったのですが、日本語訳がありません。なので要点をまとめてご紹介していきたいと思います。