「あなたの事業環境を踏まえて現実的なウェブ活用・ウェブ戦略の道筋を作成し、ぜひそれを一緒に登っていきませんか?」

SEO一般

SEOは無意味じゃない、ただ、ビジネスモデル的に情報発信から入っているサイトは注意

Googleが様々な情報を検索結果に出すようになり、SEOは死ぬのかというとそんなことはないです。Googleのバランス感覚にアンテナを張り、GoogleのAIが作るアルゴリズムに注意を向け、お客さまに対してどうしたら100%を表現できるかを考える必要が、少なくとも10年程度は必要だと思います。

WSJがGoogleのFirst Click Freeから離脱、44%のトラフィックを失う

ネット上では、メディア価値をあげ、集客するために投資として作られている無料コンテンツと、それ自身に価値を与えて収益の元とする有料コンテンツに情報が二極化しています。その争いの一端がここにあります。理由と背景とは。

SERP(検索結果)シミュレーションツールをモバイル・PC切り替え機能付きで、β版復活させました

色々などさくさに紛れて使えなくなっていたSERP(検索結果)シミュレーションツールを、ひとまず手直しして再公開しました。 以前のようにYahoo!とGoogleを切り替える事はできずGoogleのみとなりますが、擬似的にモバイルとPCの出し分けはできるようにしました。

2016年版:SEO入門者むけナレッジチェックリスト「64項目」

Webマーケティングを行う上で、避けては通れない重要なものの1つがSEO(検索エンジン最適化)です。今回はSEO入門者の方向けに「これ知っていますか?」というリストをご紹介します。調べてみて「こんなものがあったのか」という発見と気付きにつながれば幸いです。

【基本】ネガティブSEOとは?その意味と方法と対策について

ネガティブSEOは実害の有無などについて様々な意見があります。しかし実害があるにせよないにせよ、潜在的脅威として存在する以上は情報自体は仕入れておくべきです。今回はその基本的知識と対処法、考え方についてまとめました。

Http/2.0はSEOだけではなくマーケティング全体を楽にする

少なくとも担当者としてはHttp/2.0の動向を押さえることはもちろん、自社のサイトで実装するためにはどうすればいいのか、という点を早めに確認しておくのが良いのではないかと思います。

SEO・そもそもマーケティングはインハウス化するのが本当に理想なのか?

インハウス化はつまりは「内製化」。他の条件が同じなら、自社でできるようになった方がいいのは当然です。しかし現実的にはどうでしょうか。結論から言ってしまえば、相当リソースがある企業でないとマイナス面も多いと考えるべきです。では具体的には何を気にすべきでしょうか。

URLキーワードスタッフィングスパムとは?

ドメイン名にキーワードが入っているものを一律怪しいと認定するわけにはいきません。では、どうやって、そのあたりを判断しているのか?「検索エンジンに勘違いされないため」におさえておくことをおすすめします。

SEOにおいて、キーワードの検索順位だけを見て状況判断することの危険性

SEOにおいてターゲットキーワードの順位というのは大切な情報、ではそれだけを見ていればいいかというとそんなことはありません。あくまで戦場は「SERPs全体」その前提で、特定キーワドでの集客確保のためにどんなことをチェックすればいいのか。について。

「SEO的サイト防衛 – ネガティブSEO対応」今求められるWEB担当者の新しい仕事

これからは、自分のサイトを守ることがWEB担当者の大きな仕事の一つになるかもしれません。なぜなら「ネガティブSEO」の脅威が顕在化してきたからです。もしかしたらあなたが今までにコツコツと積み上げてきたものが、悪意の第三者によって突然崩されてしまうかもしれません。サイトを守りたい方は、御覧ください。
タイトルとURLをコピーしました