企業のHP制作やネット活用なら、Webコンサルによる分析提案から制作・運用までの幅広いサービスが最適です。

SEO一般

Googleの「クロール・バジェット」とは?大規模サイト・ECサイトが押さえるべき隠れた数字

CrawlBudget(クロールバジェット)と言う言葉は、ある程度大規模なサイト、ECサイトなどを運営する方は、抑えておきたい言葉です。これを知っていると、Googleにきちんと自分のサイトの重要なページを伝えることが出来るかもしれません。

【SEO図解】ノンエキスパートのためのGoogleアルゴリズム構造図(ハミングバードとは?)

SEOの専門家ではなくとも把握しておきたいGoogleのアルゴリズムの全体イメージ。きちんと把握しておくことによって、今行っていること、行おうとしていることが果たして妥当なのかどうかのおおまかな判断ができるようになってきます。Mozブログからの紹介です。

忍び寄るペンギン・アップデート「ウチは昔チェックしたから、ウチは何もしてないから大丈夫」と安心してはいけない、その理由。

Googleの取り締まりが厳しくなっていること、ネガティブSEOに対する自衛のためにも、定期的にバックリンクはチェックすべきです。自衛ということが必要な時代に突入していくことは避けられません。今回はその具体的な部分です。

【理由】コンテンツがどれだけ大事になっても、SEOはきちんと身に付けるべき、その理由。

「検索エンジンを通じた買い手と売り手のコミュニケーションを最適化する」のがSEOです。コンテンツがどれだけ大事になろうとも、ホワイトハットSEOの技術やノウハウは必要です。それはなぜでしょうか。

【各所の反応まとめ】Googleが新アルゴリズム「Hummingbird」導入、いったいそれは?

Googleが15周年パーティの折に発表した、新アルゴリズムへの移行。名前はハミングバード(Hummingbird)いったいそれはなんなのか、これからのSEOはどうなるのか。まだまだわからないことだらけですが、現状をひとまずまとめました。

ウェブマスターツールの「上位のクエリ」で見られるデータが90日→1年になる「かも」しれない

もはやSEO的にはGoogleAnalyticsよりこっちを見る回数のほうが多いのではないかという「ウェブマスターツール」。これについて、嬉しいアップデートがあるかもしれません。それは、もともと90日分しかさかのぼって閲覧ができなかったデータが「1年分:遡れるようになる(かもしれない)といいうことです。

GoogleのPageRankはついに死んだのか?そしてSEOの競合調査はどう行うべきか

GoogleのPageRank、厳密に言うとツールバーページランクがついに終了になったかもしれません。ツールバーページランクはもはや「使いものにならない」ものでした。そこで今回は、ツールバーページランクを考えずに、どのようにサイトを評価するのか、競合調査を行うのかについてです。

著者情報(Authorship)を設定していないのに、著者情報が出ていませんか?

Googleはコンテンツについては、Authorshipマークアップという方法で作者を指定することを勧めています。ただ、ちょっとめんどくさい手順を踏まないと設定はできないはずです。しかし最近「勝手に」「自動的に」著者情報が設定されるケースが出てきているようです。

Googleの「In-depth Articles」が導入された検索結果は、今こうなっている

今年の8/6にGoogleから公式のアナウンスが有った「In-depth Articles」導入された米国ではいったいどんな状況なのか、そして日本に入ってきたらどうなるのか。今のうちに何を行うべきなのか?

ブログパーツ(ウィジェット)内のリンクはnofollowをつけるべきとGoogleが回答

GoogleのMattCutts氏がウェブマスターヘルプの動画にて、WEBサイトやブログに貼る「ウィジェット」について、そこからどこかにリンクを張る場合には、nofollowをつけるべきだと明言しました。ウィジェットを配布しているサイトは一度状況を確認してみることをオススメします。
タイトルとURLをコピーしました