企業のHP制作やネット活用なら、Webコンサルによる分析提案から制作・運用までの幅広いサービスが最適です。

SEO一般

【2013年度版】Google+Local(旧Googleプレイス)の順位決定要因は?

Google+Localの上位表示要因は、オーガニックの上位表示要因とはまた別のもの。では、どうしたら上位に表示されるのでしょうか。35人の有識者が絞り出した結果が、Mozにて公開されています。ローカルに興味のある方にオススメのデータ。

【Chitika社調査】Googleで1位を取るといったいどれだけのトラフィックが得られるのか?

AOLのデータが流出した時代から、検索結果での順位とクリック率・得られるトラフィックの量については関心の的でした。では今現在2013年、いったい1位はどれだけのトラフィックを持っていけるのか?2位以下は1意図どれくらい違うのか?

今後はバックリンクよりサイトの品質が大事?Googleのヘルプから、ある一文が削除。

GoogleのMattCutts氏が、Google Webmaster Help video でAdvertorial(記事広告)について問題点を指摘しました。これに伴い、リンクプログラムに関する「コンテンツに関するガイドライン」も変更。押さえておくべき変更点は3点です。

【後半】Googleの検索結果(SERPs)は今や「85」もの要素で成り立っている

前回に引き続き、GoogleのSERPs(検索結果)に出てくる「80以上の」要素について、それぞれ追いかけていきます。ナレッジグラフや地図、local-7pack以外にも出方はあるんです。そして「どんなことに気をつけるべきなのか」についてです。

【前半】Googleの検索結果(SERPs)は今や「85」もの要素で成り立っている

GoogleのSERPs(検索結果の変化)は大きく流入の仕方を変えてきます。「自分のターゲットキーワードのタイプを定期的にチェックする」「どのような形で出すと、集客しやすいかを考える」こういったことも、検索エンジン経由での集客のポイントの1つとして大切です。その基礎資料です。

ゲストブロギングはスパムの温床から脱せるのか。Ann Smarty氏のコメント

先月MattCutts氏が動画でAdvertorialsについて、「きちんと記事広告とそうではないコンテンツを分けてくれ」と語りました。その文脈で「ゲストブロギング」の是非が注目されています。なぜなら、結果として記事広告になりやすいものでもあり、また、品質の低いコンテンツの温床にもなってしまっているからです。ではゲストブロギングはもう駄目なのでしょうか。

Rand氏曰く「Googleの検索結果が大きく変わった?という話を聞いたら行うべきこと」

「Googleの検索結果が大きく変わったみたいだ」という噂を聞いて、ビクッとした経験が無い方は、おそらくいないのではないか?と思います。そんな時にどうすべきか?Moz(SEOmoz)のRand氏が動画で答えています。

【ツールリリース】GoogleとYahoo!の検索結果(SERP)プレビューツール

SEOは上位表示ではなく、クリックしてもらってなんぼだという話があります。その際に重要なのが「タイトル」と「デスクリプション」及びURL(意外と見られている)のセット「スニペット(snippet)」です。Adwordsなどでは広告をプレビューできるのですが、通常の検索結果をプレビューできるツールは、多分国内には無かったと思います(あったらごめんなさい)もともと自分用だったのですが、公開いたしましたのでよろしければお使いください(^_^

検索エンジン経由で来る人は「いますぐ客」だけになるかも?

みなさんは「情報を探す・得ようとする」時に、どんな手段を使うでしょうか。いったい人々がどんなところから情報を得ているか、ということは特にマーケティングにおいては大切な情報です。これに関して、米国のPR Newswire社が昨年11月に調査した結果が同社のWEBサイトで公開されていました。

【決定版】SEOmoz(OSE)&Ahrefs&MajesticSEO…SEO調査ツール大比較

フルスピード社と提携することによって、Ahrefsが日本語化されました(プレスリリース)。 優れたバックリンク調査ツールがまた1つ身近になり、SEOに関わる方々にとって、ありがたいことではないでしょうか。しかしこうなってくると気になるのは「どのツールが最も優秀なのか?」ということです。
タイトルとURLをコピーしました