企業のHP制作やネット活用なら、Webコンサルによる分析提案から制作・運用までの幅広いサービスが最適です。

Web戦略全般

代表中山陽平ブログ「苦手意識を無くせばWeb活用はうまくいく!」

弊社では主に「がんばる中小企業」のWeb活用をサポートしています。今の時代、第3者である、制作会社や代理店におまかせでは勝てません。同じような商品・サービスが溢れる中、選んでもらうためのコンセプトを立て、それを実現するためにネットもリアルも総動員しながら戦う必要があります。

みなさんが世の中に・自社の従業員に実現したい幸せや提供価値を、しっかりと実現していくためには、みなさん自身が主役になり、私達のような専門会社が側面支援するのがベストです。

このブログでは御社が中心となってウェブ活用できるヒントを配信しています。お悩みの方はお気軽に問い合わせフォームからご相談ください。

最新の記事一覧

Web担当者Forumさんに寄稿しました(タスク管理ツール関連)

Web担当者Forumさんにタスク管理ツールの最初の一歩的な記事を寄稿しました。タスク管理をしていない、したいが難しいツールばかりで良くわからない…あるいは、チームや他部署とのコミュニケーションを強化したいけれども、なかなかどうしたら良いかわからない。そんな方向けに、簡単に導入できるツールを4つピックアップ。

Webの情報を無条件に受入れる事の危険性(第1回)

世の中にはたくさんの「鉄板」的な情報があふれています。こうしたらよくなる、こうやればコンバージョンや何らかの指標が改善する…。しかし、そういったテクニックは、大枠で当てはまるものもあれば、様々な背景の上に成り立っていて、同じことを行っても同様に改善しないこともあります。そして多くの場合後者です。

B2Bサービスの成功の分岐点は「価値観の転換」と「ニッチなソートリーダーシップ」

今回はB2BのWebマーケティングに関する話題です。B2B系のサービスは明暗が大きく分かれるケースが多いです。かたや大きく成長し、様々な企業と提携し、成長を続けているところもあれば、低空飛行を続けているサービスもあります。ではいったい何が違ったのか。きっと理由はたくさん見つかるはずです。

Google謹製のカスタマージャーニーツールから見える、業種ごとの動きの違い

Googleが3.6億件の行動データから導いた「マルチチャネル活用指針」このツールが更に面白いのは「業種ごとに切り替えることができる」点です。今回は3つのグループについて、その内容を見て行きたいと思います。

【info】他社マーケティング事例を参考にする時に気をつけるべき「8つ」のチェックポイント

マーケターとしては、そもそも情報収集の際の態度としては避けておくべきものです。なぜなら、全ての情報には、その情報を裏で支えている「文脈」であったり「背景」であったり「環境」であったりと、さまざまな要因が大きな影響を及ぼしているからです。ではいったいどんなことに気をつければいいのでしょうか。

【年末年始の大掃除】送信先リストの品質管理を怠ると、見えないところで損失が出る

反応のないアドレスをリストに放置しておくことは、プラスにならないばかりかマイナスになる可能性が大きいです。配信数を誇るより、有効な配信先のみに対して常にメールで情報を伝えていかなくてはいけません。その時におすすめのやり方をご紹介します。

【図あり】WEBコンサルタントとして結果を出すために大事にしている4つのポイント

今回は2013年WEB解析AdventCalendarの12月24日クリスマスイブ担当です。WEBコンサルタントとして結果を残すために考えていることを公開します。この4つの項目、よろしければ意識してみてはいかがでしょうか。

「5つのレッスン」ブロガーが故スティーブ・ジョブズから学ぶべきだったことは?

「人に支持される、人気のあるブログを書くために、我々がスティーブ・ジョブズから学べる5つのレッスン」です。ジョブズ氏については、さまざまな方面からの考察がなされていますが、ブログを作るという観点では初めてではないでしょうか。 実際内容もただのTIPSではなく、そもそもの考え方として興味深い内容でした。

あなたのWEBサイトがうまくいかない…その理由に気付くための4つの質問

「今は、インターネットを使って商売をすることができる時代だ、だからうちもネットを使って商売を加速させるぞ!」と、鼻息荒く始めたものの、その思いも虚しく成功しないケースは少なからずあります。むしろ成功するケースの方が少ないかもしれません。今回はそれに気付くためのステップについてです。

【まとめ】2013年使い続けた、WEBコンサルタントに便利なサービス・ツール20選+α

2013年も終わりに近づきました。この時期にになってもずっとお世話になり続けているツール群をご紹介します。今回「WEB解析 Advent Calendar 2013」の11日担当です。ご参考になる物があれば幸いです。

「そのペルソナ、賞味期限が切れていませんか?」ペルソナの基本的な運用法

WEBに限らず、また、マーケティングに限らず「ペルソナ」を設定することは、効果的なこと、もしペルソナを考えていないのであれば、すぐに取り組む事をお勧めします。しかし、設定しているからといって安心ではありません。なぜでしょうか。

「目標・現状・改善」を具体化することが、効率のよい改善の第一歩

WEBサイト経由で問合せなどの成果を得たい、だけれどもなかなか成果が出ない…ということは、どんなサイトでも一度は経験すること。そんな時、まず最初に行うべきことはなにか?どこから始めるのが効果的なのでしょうか?3つの要素が大切です。

【手法】アクセス数が100人/日以下のサイトでも、効果的にウェブ改善を行うための手法とは?

アクセス数が少ないと、A/Bテストを行ってもいまいち良し悪しが判断できない…と思ったことはないでしょうか。そんな時、インターネットなのだから「定量的なもの」「数字として取れるもの」しか判断基準にしてはいけない、と考えると、行き詰まってしまいます。ではどうしたらいいのでしょうか。

「的を射たWEBサイトの改善案」をどんどん作るために、私が大切だと思う1つの考え方

「WEBサイトの改善」と言われてもイメージがつかない…という声を少なからず伺います。何をすべきかの方向性も思い浮かばないし、まずどうしていいかわからない、何が効果的なのかわからない、WEBは特殊だと思うし、アクセス解析のデータからもどう判断していけば…それに対する1つの回答です。

サイトの回遊率・離脱率改善の第一歩は「行き止まり」を無くすところから

サイトのコンバージョンレート改善、その一端として「手をつけやすく」「仕組み化しやすい」ものとして、回遊率の改善と離脱率改善につながる「行き止まりページの排除」について、そのやり方と背景を。

【寄稿】「後5分で改善提案を作らないといけないとしたら何をする?」

ウェブ解析士協会の方に、解析士マスターとして3本の記事を寄稿しました。 このブログで書いているような、ノウハウの紹介というよりは、肩の力を抜いたウェブ担当者・解析担当者向けのTips記事です。 ご興味のある方は、こちらから今すぐご覧ください(^_^

悪いプロジェクトを見極める10コのポイント

何か案件をもらった時、あるいはオファーを受けた時。その案件を受けるべきか否かの判断というのはとても重要。その観点で、役立ちそうな記事を今回はご紹介します。

今後のWEBマーケティングにおける「人材」「必要なスキル」に関する統計×3

週の最後金曜日の締めということで、WEBマーケティングに関する興味深い3つの調査結果をご紹介したいと思います。題材はバラバラと言うよりも「人材」「今後必要なスキル」などにフォーカスした調査結果です。