文書と文書の関係性が検索エンジンにとって重要になるのでは?

Yahoo Web Page Segmentation: Distinguishing Noise from Information

SeobytheSeaから、Yahoo!について、Yahoo!もページをコンテンツとそうじゃないところを分けて考えていますよ、という記事です。

内容は、メニューみたいな各ページの共通部分、ボイラープレートと検索エンジンが呼んでいるような部分や、広告の部分を、Yahoo!は「ノイズ」として分けて考え、重み付けをしていきますよという内容です。

Googleを頭として、ボイラープレートなどの話題は、以前から出ているので、検索エンジン関連に興味がある方はすでに知っていることかもしれません。

ですので、詳細は特に触れません。海外SEOの鈴木謙一さんの記事が最高かと思いますので、こちらをぜひご覧ください。

これからはページ分割したセグメント単位のSEOで勝負! | 海外SEO情報ブログ・メルマガ

検索エンジンは文書間の関係性を活用できる方向にも進んでほしい

個人的に気になっているのが、このセグメンテーションがどこまでいくかということです。

あんまり細かくなると、作るほうとしても利用者としても不便だなぁと。検索結果に、「あるページのこの部分」という単位で結果が出てきたら不便なイメージです(さすがにそれは無いと思いますが)

結論から言えば、ページをセグメント分けしてノイズを除いていく、一つのHTMLを分割して解析していく、という方向もさながら、その一方で、文書と文書の関係性というものにも考慮してもらいたいなと。

現在のSERPは基本的にページ単位で結果が表示されます。この検索クエリに対してはこのページがいいですよ、という形です。それは言い換えれば、クエリに対する情報の単位が今は「ページ」だということです。

ただ、コンテンツはブログ的な記事みたいな一枚もの以外にもページモノの場合も多くあるわけです。
Illustrator的なものもあれば、QuarkExpress的なものも。

これは作り手としての立場ですが、その場合、その「ページもの」コンテンツ全体を、検索クエリに対して一つの単位としてみてもらいたいこともあります。特にあるコンテンツの内容が他のコンテンツの内容に重要な影響を与えている場合です。

素直にSEOをやってコンテンツの設計を行っていれば、一般的なKWならコンテンツの目次が一番上に自然とくるのですが、ロングテール系だったりすると、なかなか難しく。
苦肉の策として、文章の枕に「先にこっちを読んでね」ですとか、最低限のサマリをつけたりですとか、そういうことをしています。

ただ、やっぱりそういうのはほんとは無い方がいいなと。

入れるとしたら、コンテンツに書くのではなくて、文書情報として記載したい。

なので、現在metaタグでIndexやprevなどがありますが、これをまず検索結果上で有効活用してもらいたいということがあります。

将来的には、検索クエリに対して、ただのページだけではなく、ページが所属するコンテンツのトップやサイト全体のトップなど、そういった文書間情報がSERPに出るようになると良いなと思います。

サイトに情報を探しに来る人って、「このサイトに自分の求める情報がある!」と思った後は、「このサイトで自分が欲しい情報は、どこにどれだけあるんだろう、これで全部かな」というところに関心が行っていると経験上感じています。

そういうところのフォローにもなると思うんですよね(^-^

Webコンサルタント中山陽平公式サイト お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム