第1回「A/B testing」- AとB、より良いやりかたはどちらか?を知る

→ iTunes – Podcastで視聴「WEBマーケティング単語帳」

トランスクリプション:ABテスト

こんにちは、WEB戦略ラウンドナップの中山です。

A/B testing とは「ABテスト」のこと。

比較テストのことです。

WEBマーケティングに限らず行われている手法ですが

WEBにおいては、広告やWEBサイト、メールマガジンの文言ををAとBの2つ用意して、

できるだけ同じ条件にした2グループに見せ、その結果を見て、どちらがよいか判断するテストのことです。

一般的にはGoogleのAnalyticsにあるウェブテストが無料で使えるABテストツールとして有名です。

ただしこれはAdwordsと一緒に使う必要がありますので、一般的なWEBサイトの場合

別の仕掛けが必要です。

また、2種類だけではなく、3種類以上、また、ページの複数の箇所を出し分けてテストする「多変量テスト」というものもあります。

テストのセッティングは多少専門知識が必要ですが、実際のユーザの反応を見ることが出きるため、非常に有用なテストマーケテイング手段です。

ただ注意しなければいけないのは、母集団が少ないうちに判断してはいけないということです。

統計学的に優位な数の母集団が集まる前に判断してしまうと、

その差がただの誤差なのか、統計的に優位、つまり統計的に「恐らく意味がある違いだろう」と言える

ものなのかわかりません。

例えば、キーワード広告のランディングページを50〜100程度のアクセス数で良し悪しを判断して

しまうのは大変危険です。

どれくらいの量が必要かは、条件と、求める信頼度によって異なりますが、

キーワード広告であれば、最低300〜500程度の母集団が必要だと言われています。

また、外部要因の影響はできるだけ排除することが

大切です。

例えば

・日付時間

・ページの中でテストする箇所以外の部分

・対象集団

などは、極力一緒になるようにすると、信頼性があがってきます。

A/Bテスト自体は非常に有効な手法です。

リスティング高広告はもちろん、ランディングページなどでも一般的に行われています。

なので、

・統計的に意味のある母集団を確保すること

・それ以外の条件を可能な限りいっしょにすること

に注意をして、ぜひやってみることをお勧めします。

では「A/B testing 」について以上です。

WEB戦略ラウンドナップの中山陽平がお送り致しました。

新しいマーケティングPodcast始めました、100回を超えています。

新しくWebマーケティング専門チャネルを始めました。

iTunes Podcast Directoryビジネスカテゴリ掲載、ビジネスカテゴリトップや、Podcast総合トップ10入りなど、おかげさまで人気Podcastとなっています。

時事ネタやトピックスを追うのではなく、それを使いこなすための考え方やヒントをお伝えしています。

月間1万ダウンロード。是非お聞き下さい。
→ iTunes Podcast Directoryで無料ですぐに聞く

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム