第28回「Keyword Tag」- もはや設定する意味はないかもしれない

→ iTunes – Podcast – 「WEBマーケティング英単語帳」

トランスクリプション:「Keyword Tag」(キーワードタグ)

今回は「キーワードタグ(Keyword tag)」についてです。

Keyword tag とは一般的には、HTMLにおける、Metaタグのキーワード属性のことを指します。

決してキーワードタグというHTMLタグがあるわけではありません。

SEO的には意味が無い

現在このキーワードタグは、ほとんど意味のないものになっています。それはなぜか?ということをお伝えしたいと思います。SEOの歴史です。

キーワードタグ、もともとは、そのWEBページのメタ情報です。このページはこんなキーワードに関連するページなんだよ、ということを表すために利用されてきました。

しかし、その存在が注目されたのはSEOの文脈でした。SEOにおいて、meta::keywordやmeta::descriptionに、上位表示したいキーワードを入れることで、上位表示しやすくなるという手法が流行りました。

また、実際少なからず効果があった時期があったため、もはやキーワードタグはSEOに使われるもの、になってしまいました。

Keywordタグに10個も20個もキーワードを入れるなんて言うことが行われていたんですね。

本来、1つのWEBページに、そういくつものテーマがあるはずがありませんので、これはおかしいですね。

 

結果としてGoogleはキーワードタグはSEOにおける上位表示に何ら関係ないという姿勢を取っています。

このアナウンスがあってから、キーワードタグはほぼ「なかった物」とされるようになりました。なので、今は設定していないサイトも多いです。

必要がなければ設定しないほうが

私も、設定しないことをおすすめしています。

それは競合他社に、狙っているキーワードが分かってしまうからです。

もし、ブルーオーシャンな良いキーワードが見つかったとしても、それを競合他社がHTMLを見てすぐに発見してしまったら、あっという間にうまみが消えてしまいます。

もちろん、それなりに調べれば結局は見つかってしまうかも知れませんが、調べるのが大変であれば大変なほどいいはず。

競合はあなたのサイトのHTMLソースは必ず見ていると考えた方がいいですね。

また、載せることによって、何かいいことがあるということもないので、載せる理由もありません。

なので、キーワードは、当たり障りのないものを入れておくか、空にしておくことをおすすめしています。

ご参考になれば幸いです。

新しいマーケティングPodcast始めました、100回を超えています。

新しくWebマーケティング専門チャネルを始めました。

iTunes Podcast Directoryビジネスカテゴリ掲載、ビジネスカテゴリトップや、Podcast総合トップ10入りなど、おかげさまで人気Podcastとなっています。

時事ネタやトピックスを追うのではなく、それを使いこなすための考え方やヒントをお伝えしています。

月間1万ダウンロード。是非お聞き下さい。
→ iTunes Podcast Directoryで無料ですぐに聞く

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム