第32回「Meta Tag(メタタグ)」- 縁の下の力持ち(後編)

Content-type charset

これはこのHTMLの文字コードを表しています。

Content type というのは、HTTPヘッダの代用ですよ、という意味なのですが、特に気にされなくても大丈夫です。

今はUTF-8という形式を使うのが安全です。WordPressなどのCMSも基本的にはUTF-8のはずです。

これは、必ず明示するようにすることをお勧めします。書かなくともブラウザが自動判別してくれたりもしますが、特にモバイル端末から見たときは、それが上手くいかないことも少なくありません。

そうすると、文字化けして読めないページをアクセス者に見せることになります。以外とまだこういったサイトは多いので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

refresh

続いては、meta refresh です。これは、別ページに自動的にジャンプさせる、リダイレクトさせるものです。

例えば、サイトが移転したり、ページのURLが変わったときに、昔のURLでアクセスしてきた人が困らないように、そして検索エンジンも困らないようにするためのものです。

Redirect

ただ、リダイレクトは、可能であれば .htaccessを使ったリダイレクトや、サーバの設定ファイルに書いて行う方法をオススメします。詳細は省きますが、その方が閲覧者がスムーズに新しいページを見ることができるからです。

とは言えサーバの設定ファイルまでユーザが修正できることは、専用サーバかVPSでないと難しいので、現実的にはhtaccessファイルで設定するのが今の主流です。「htaccess リダイレクト」で検索してみて下さい。取っつきづらいですが、覚えるとサイト運営がとても楽になります。

其れ以外にも…

それ以外には、Facebook関連のものもあります。

これは、Open Graph というもので、metaタグの中にこのOpenGraph情報を書くことで、Facebookにシェアされたときに出すサムネイル画像を指定したり、説明文を指定したり、リンク先を指定したりすることができます。

OpenGraphについては、とても大事なので、初耳の方は Facebook オープングラフ 設定 などで検索して、サイトに取り入れてみて下さい。WordPressをお使いの方は、プラグインで簡単に設定できます。

これを設定しておくと、Facebookにシェアされた、あるいは自分でシェアした際に、非常にきれいに魅力的にFacebook上で表示されるようになり、シェアされたりいいね!される確率が大きく変わります。ぜひ設定することをお勧め致します。

メタタグについては、他にもいろいろとありますが、この当たりは是非押さえて頂ければと思います。

かなり実は大切な部分なので、ぜひ押さえておいて下さいね。

新しいマーケティングPodcast始めました、100回を超えています。

新しくWebマーケティング専門チャネルを始めました。

iTunes Podcast Directoryビジネスカテゴリ掲載、ビジネスカテゴリトップや、Podcast総合トップ10入りなど、おかげさまで人気Podcastとなっています。

時事ネタやトピックスを追うのではなく、それを使いこなすための考え方やヒントをお伝えしています。

月間1万ダウンロード。是非お聞き下さい。
→ iTunes Podcast Directoryで無料ですぐに聞く

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム