第37回:Outbound Link(リンクは出入りのバランスに注意)

Outbound Link(リンクは出入りのバランスに注意)

今回はOutbound Link(アウトバウンドリンク)についてです。

アウトバウンドリンクとは、そのページから外に向けて貼られているリンクの数です。

外に向けてというのは、サイト内は入りません。サイト外に向けて貼られているリンクのことです。

例えばページA(www.tatoeba1.jp/sampple.html)から

  1. www.tatoeba1.jp内の他のページに対して40本のリンクが貼られている
  2. www.tatoeba1.jp以外のページに対して100本のリンクが貼られている
  3. www.tatoeba1.jp/sample.htmlに対して、サイト外から2本リンクが貼られている

という場合、(2)の100本がアウトバウンドリンクとなります。言い換えると「外部へのリンク」ですね。

(1)はサイトのナビゲーションなどの内部リンク、(3)はバックリンク(被リンク)です。

気をつけるべき点は「バランス」

このアウトバウンドリンクについて、あまり気にしない方もいるかもしれません。

なぜなら、あくまでサイトから外に向けて張っているリンクなので、ペンギンアップデートなどのペナルティとは関係ないように見えるからです。

しかし、そんなことはありません。「バランス」が重要です。

例えば先程のサンプルはバランスがあまり良くありません。

  1. www.tatoeba1.jp内の他のページに対して40本のリンクが貼られている
  2. www.tatoeba1.jp以外のページに対して100本のリンクが貼られている
  3. www.tatoeba1.jp/sample.htmlに対して、サイト外から2本リンクが貼られている

これは、外部リンク100本出て行っている(OUT)のに対して、たった2本しか貼られていません(IN)

恐らく「リンク集」「外部のニュース記事リストアップ」などのコンテンツではないかと思います。

こういった、外に向けてのリンクが多すぎるページがサイトの中にたくさんあることは、普通のサイトではまず無いはずです。ありうるとしたら「リンクサイト」「ディレクトリサイト」です。よくある中小登録型検索エンジンですね。

しかし、ある企業サイトの中に、中小検索エンジン級のリンク集があったら、明らかに不自然です。何かやっているのではないか?過剰な相互リンクなどをやっているのではないか?とGoogleが考えてもおかしくありません。

また、100本ものリンクが貼られているサイトは、ユーザにとっても使いやすいとはいえないのではないでしょうか。

自然が一番

そう考えると、ページを分割して、1ページあたりの発リンク数を減らしたり、発リンクにはちゃんとnofollow属性をつけるべきものにはつけるなど、そういったことが必要です。

ペンギンアップデートがあり、被リンクに興味関心を持つ方は非常に増えていますが、逆に発リンクに目を向けている方はそれほど多くありません。しかし、Googleは「自然で」「質の高い」サイトを評価します。

その時に、中小検索エンジンのようなコンテンツをたくさん抱えているサイトがどのような評価を受けるかというと、少なくともプラスにはならないのではないでしょうか。

これを対応したからといって、順位アップなどにはつながらないでしょうか。しかし、要らぬ疑いをかけられて、ペナルティと誤解される前に、リンクのバランスが悪いケースについては直しておく方が安心ではないでしょうか。

「自然か?」という観点で、サイト内を見回してみてはいかがでしょうか。

 

Outbound Link(リンクは出入りのバランスに注意)については以上です。

この内容がお役に立てば幸いです。

新しいマーケティングPodcast始めました、100回を超えています。

新しくWebマーケティング専門チャネルを始めました。

iTunes Podcast Directoryビジネスカテゴリ掲載、ビジネスカテゴリトップや、Podcast総合トップ10入りなど、おかげさまで人気Podcastとなっています。

時事ネタやトピックスを追うのではなく、それを使いこなすための考え方やヒントをお伝えしています。

月間1万ダウンロード。是非お聞き下さい。
→ iTunes Podcast Directoryで無料ですぐに聞く

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム