アクセシビリティの高いサイトを増やすには

Return of Design – The Web Design Client’s Bill of Rightsという記事です。

Bill of Rightsと言うのは、権利章典のこと。イギリスで名誉革命の後に宣言された奴です。

スチュアート朝でしたっけ。一応卒論がその辺りだったのに、もうさっぱり覚えてないのは何故(‘A`)

そんなごっつい名前がついてますが、内容は昔から言われている「良いホームページの条件」みたいな奴です。

アクセシビリティという文脈で出てきます。

そういえば、アクセシビリティという言葉も、もはや一般的になりましたが、元はユーザビリティと同様にニールセン氏の言葉なんでしょうか。

それはともかく、このサイトでは以下のものを挙げてます。

  • Your website should be built with HTML code that is clean, well-organized, uncluttered, standards-compliant, and generally free of errors.
  • Your site should use some form of template system, so that a change to a header, footer, menu, or other element shared across pages does not require the editing of each individual page.
  • Your site should be displayed almost identically in any browser used by more than 1% of your target audience.
  • Your site should degrade gracefully to text in non-graphical browsers (such as cell phones or some PDAs).
  • Your site should be accessible to vision-impaired readers who may be using screen-reader software.
  • Your site should be aesthetically pleasing, and its appearance should be appropriate to the message you want to convey.
  • Your site should have a natural and logical information structure, so that the average user can quickly find what he or she is looking for.
  • Your site should not contain any code or content that serves to exploit search engine algorithms in an attempt to receive higher search result rankings.
  • 綺麗で整理された正しい標準のHTMLにて記述されていること。
  • ヘッダーやフッター、メニューなどが変更しやすいようなテンプレート機能が用意されていること
  • シェア1%のブラウザでも完璧に予想通りに見える。
  • テキストブラウザでも見やすい。
  • スクリーンリーダーでも扱いやすい。
  • 美的に優れていて、サイトの伝えたいメッセージに沿ったデザインが施されている。
  • 自然で論理的な情報アーキテクチャである。普通の人が簡単に目指すものを見つけることが出来る。
  • SEOの痕跡をきちんと隠している。

というものです。

かなり言い尽くされたもはや「権利章典」という名前が合っているものです。

あまり現実的ではないし、色々と反論がなされています。

かなりピュアな内容ですな。

実際制作をしていると、客側の事情、制作側の事情こもごもで、これを最優先に考えることは無理なのが現実です。(というかもっぱらコスト?)

一応現場で作っている時には、そっちを出来るだけ実現させようとは思っていますが、納期やスキルの面でまずひっかかり、後は申し訳ないですがモチベーションが持たないとか(‘A`)

ただ、こういうのが望ましいと言う努力目標として、こういったものを頭の隅においておくことは価値が十分にあることです。

なので、もうちょっと抽象的でもいいんじゃないですかね、権利章典は。

あんまり無理やり現実に落とし込んでも、論議を呼ぶだけなのではないかと。

ホームページはどうあるべきか、ということで意見の一致をみていないし、それがあるかどうかも分からないときに、結論が出るものでもないかなぁ、と。

Webを広告に置き換えたとしても、人間に置き換えたとしても、サラダボウルに置き換えたとしても、結論が出るものでもないでしょう(‘A`)

そういえば、ニールセン氏のサイトの記事って、日本語訳されてたんですね。知りませんした。

  #useit.com: Jakob Nielsen on Usability and Web Design

  #ニールセン氏の和訳はJakob Nielsen博士のAlertboxから。

■アクセシビリティの高いサイトを増やすには 制作側だけで見ると、結局現状で、もっとアクセシビリティ対応を進めるには、サポートするソフトが出回ることが不可欠な気がします。

各人の努力に期待するのは現状の制作業界には厳しいです…。

また、制作側が対応できればいいかというとそうでもなくて、それに加えて、それを価値として認めてくれるお客さんがいないと、片手落ちですし。

「アクセシビリティが高いサイトを作ることで、わが社にこういった利益が出る」というビジョンを持った会社でないと、結局「何か良く分からないものに金を払った、どう商売に生かしていいか分からない」となってしまって、無意味です。

アクセシビリティについて、制作側を突っつくのも必要ですが、同時にクライアント側も突っついておかないと、いかんと思う梅雨前の夜。

そう言えば、Web Accessibility Initiative (WAI) Home PageではWCAG2.0のドラフトを議論中ですね。

Webコンサルタント中山陽平公式サイト お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム