最新のファイルを確実にクライアントに読ませる方法?

InternetExplorerのエンジンを使っていると、HTMLファイルから画像ファイル、JSやCSS、swfなどが、設定によっては、ローカルに「インターネット一時ファイル」とかそんな感じの名前でキャッシュとして保存されてますよね。

  #これって、毎回最新バージョンを確認する設定にしても、

   キャッシュは毎回されてるんですね…いまさら知りました。

で、この辺は自分が確かめたわけではないのであれなのですが、HTMLは「毎回新しいバージョンを確認する」にしておけば、きちんと毎回最新版が来る、らしいですし、制作側でno-cacheを設定しておけば、毎回強制的にクライアントに読み込ませられます。

けど、どうもCSS等は、キャッシュが残ってしまって悪さをすることがあるそうです。

っていうことを、以下の記事で知りました。

Stefan Hayden » Blog Archive » CSS Caching Hack — Graphic Artist, Technophile, Web Librarian, Embarrassingly cute spelling mistakes.

要は

<link rel=”stylesheet” xhref=”http://www.hogehoge.com/style.css?version=1″ type=”text/css” />

にして、パラメータをつけてそれを変更のたびに変えてあげれば、ブラウザはちゃんと最新版を取りに来てくれるよ、ということです。

検索しても中々類似のネタが見つからないので、これが事実なのか分かりませんが、後ろにパラメータをつけて、最新版を持ってこさせるって言うのは、なんかに使えそうですねっ。

Webコンサルタント中山陽平公式サイト お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム