世界の検索数を3D地球儀で見る「Search Globe」が凄い

Googleが今週の出来事をラウンドナップする「This week in Search」という記事連載があります。

今週の物を見ていたのですが、Search Globeという、WebGLを使った3Dデモが楽しかったでご紹介です。 

WebGL-3D-SearchGlobe

Official Google Blog: This week in search 5/6/11

※WebGLに対応しているブラウザでないと見ることができません。
Chromeが一番良いと思います。FireFoxも4ならいける模様。

 

ひとまずこちらをご覧ください(^_^

これは、WebGLで描かれた、世界各地域の検索数を3D化した物です。

矢印キーでぐるぐる回せます。

スクロールホイールで拡大縮小も可能です。

色分けは言語による物のようです。

http://data-arts.appspot.com/globe-search

個人的に感じたのは

  • 日本は意外とそこまで多くないけれど、全国に広がっている
  • 韓国が結構がんばっている
  • 中国は内陸でもポツポツと検索している人がいる。他は北京・上海・香港。
  • 東南アジアはタイのバンコクが圧倒的。他にはマニラやジャカルタ、シンガポール、プトラジャヤ。マニラやハノイなど首都系はやはり強い
  • ヨーロッパはびっしりと。特にドイツは凄いように見えるがなぜ

などです。

また、これ以外には世界の人口を同じように表示した物もあります。下記ページから「Population Globe」をクリックしてみてください。1990年と1995年、2000年のデータの変化を見ることができます。

Chrome Experiments – WebGL Globe

割とどこも均等に増えている。増えて無いところは増えていない。

 

WebGLとは?

WebGLとは、ブラウザ上で3Dイメージを作成し、表示させる技術のことです。
今回ご紹介したSearchGlobe以外にも、例えば以下のようなことが実現されています。 

Wikipediaによると、WebGLとはこのようなものです。

WebGL[1](ウェブジーエル)は、ウェブブラウザで3次元コンピュータグラフィックスを表示させるための現在開発中の標準仕様。OpenGL 2.0もしくはOpenGL ES 2.0をサポートするプラットフォーム上で、特別なブラウザのプラグインなしで、ハードウェアでアクセラレートされた三次元グラフィックスを表示可能にする。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/WebGL

JavaScriptによりAPIを操作する形のようです。実際に触っている方も。

データの表現手段として、魅力的ですね(^_^)

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム