「統計局や自治体の統計資料」がSEM・SEOでのエリア内の集客に便利

特に中小企業ですと、大概大なり小なりエリアマーケティングを行うことになるかと思います。

例えば一部の製造業ですとか、主にニッチな商品を扱っている企業で、全国区でも十分いけるという所も少なからずありますが、実際の営業エリアや予算のことを考えると、近隣エリアのマーケティングを行っていくことになりますよね。

2_1_人口統計.gif

その際、例えばGoogleのキーワードアドバイスツールで、あるKWが地域KW(相続税 さいたま市、など)込みでどのくらい検索されているかということで、ある程度どのエリアに焦点を絞るかを考えていったり、競合のキーワード分析をしていったりすると思います。例えば。

ただ、それですと検索エンジンの検索窓にクエリとして単語を入れた人、というセグメントしか把握できません。なので、

  • 口コミや個人間のメールでの情報伝達、世間話の分はどうなのか
  • ニーズを意識していない潜在的顧客の数はいかに
  • インターネットを使っていない潜在的顧客の数はいかに
  • これからその市場がどうなっていくかの予測

などは、分からない・立てられないです。

潜在的顧客については、特にコンテンツターゲット・インタレストマッチ・レコメンデーションなどを集客の手段として考えている方には、結構クリティカルな話です。

そこで、少々当たり前のことかもしれませんが、おすすめなのが実際のリアルでの統計調査の利用です。
私含め、どうしてもSEOやSEMといったことを念頭に置いていると、リアルの情報を忘れがちです。

そういった部分の喚起も込めてご紹介します。

総務省の統計局が出している統計

これは、非常にいろいろな情報が詰まっていて、すでにExcelでダウンロードできるのでおすすめです。
資料取り寄せやフィルムでしかない物もありますが、ほとんどがすぐにダウンロードできます。

例えば、エリアマーケティングを考えるのでしたら、以下の統計などはデモグラの把握としてとても役立つのですー。

▼統計局ホームページ/日本の統計-第2章 人口・世帯
http://www.stat.go.jp/data/nihon/02.htm

2- 3 都市別人口
2- 6 都道府県,年齢階級別人口
2-14 都道府県,世帯の種類別世帯数と世帯人員
2-18 都道府県別出生・死亡数と婚姻・離婚件数

ですとか

▼統計局ホームページ/日本の統計-第1章 国土・気象
http://www.stat.go.jp/data/nihon/01.htm

1- 7 都道府県別の土地利用

より詳しくは、各自治体が出している統計

また、これは国の調査なので、情報の単位は都道府県レベルが限界です。
なので、より細かい情報は地方自治体のホームページに当たってみると分かります(全自治体でそうなっているかは把握していません、すみません)

例えば埼玉県。市町村単位で情報が拾えます。

▼平成18年事業所・企業統計調査 – 埼玉県ホームページ
http://www.pref.saitama.lg.jp/site/a094/904-20100107-318.html

4 市町村、産業中分類別民営の事業所数及び従業者数
5 市町村、産業中分類別民営以外の事業所数及び従業者数

その他にも、

  • 「都道府県別地方教育費」
  • 「都道府県別火災」
  • 「市区町村別・年齢(各歳)別男女別人口」

など、業界によってはかなり有用な情報が詰まっていると思います。

もしまだ、見たことが無いという方はぜひおすすめですので、チェックしてみるのはいかがでしょうか(^-^

プレゼンの資料元としても優秀です。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム