SEOmoz発表、2011年のGoogle上位表示はここが大事だった

 投稿:2012年1月10日(中山陽平)

2年に1度SEOmozが発表している「検索エンジンの順位決定要因調査」が今年も発表されました。

2年前はドメインオーソリティが最も大事でしたが、今はどうもページレベルのリンクが重要視されている模様。

また、リンクの量より質を見ている傾向がやはり強いようです。

元記事はこちらです。かなり詳細なレポートかつ、図がふんだんに使われているので是非。

http://www.seomoz.org/article/search-ranking-factors#overview 

SEOmozは「Linkscape(OpenSiteExplorer)」というツールを提供しており、その中でTrustRankやMozRankといった、GoogleのPageRankのようなものを独自に出しています。

そしてこのMozRankなどは、

PageRankや実際のGoogleの検索結果とつじつまが合うように

定期的にアルゴリズムのメンテナンス

を行っています。

その中で得られたデータ、それを今回まとめて公開しています。

なので、感覚値では無く大量のデータを元にしたきちんとした定量的な調査です。

Google対策としてどのようなことを今行うべきか知りたい方にお勧めです。

※SEOmozのサービスやAPIなどについて知りたい方は、このサイトのSEOmozのカテゴリをご覧下さい。

追記:この調査結果の裏側を紹介した記事も書きました。ぜひどうぞ。

具体的な内容

※図は全て元記事からの引用です(丁寧に引用のためのHTMLを提供してくれています)

元記事を見て頂くと分かりますが、同じ事を色々な切り口で切っています。

全てを愚直に紹介すると被る部分が多くなります。なので、勝手にまとめます(^_^;)

1.ドメイン名にキーワードを入れること

1.1_ドメインレベルごとの効果の違い

※現在のSEOmozのアルゴリズムから判断した物 

Source: SEOmoz Ranking Factors

とはいえ、全く効果が無いわけでは無く相変わらずある程度は効果があります。

具体的には以下の様な順序で効果が高いようです。 

  1. キーワードに完全一致したルートドメイン(keyword.com)
  2. キーワードが含まれたルートドメイン(ABCkeyword.com)
  3. キーワードがドメイン名の最初に来るルートドメイン(keywordABC.com)
  4. キーワードが入ったサブドメイン(keyword.ABC.com)
  5. キーワードが入ったセカンドサブドメイン(keyword.123.ABC.com)
  6. トップレベルドメインにキーワードが入っている(ABC.keyword)※なんてレアな
  7. キーワードが分割されて入っている(key.word.com)

1.2_ドメインレベルと、キーワードの使い方による違い

※10,271のキーワードで調査した結果から判断した物

Source: SEOmoz Ranking Factors

狙っているキーワードと完全一致しているドメインでないと、かなり効果は落ちています。

少なくともルートドメインでないと意味は無さそうですね。

サブドメインになると半分程度のパワーになってしまっています。

とは言え、ブランド名や会社名を入れたドメインというのはありますし、その場合はそのサイトを上位表示させるべきなはず。

2010年までが効果が高すぎただけで、これからもある程度の効果は続くのではないかなと思います。

2.リンクのやり方による違い

データが多いのでピックアップします。全てを見たい方は元記事をご覧下さい。

まとめると以下の様な状況のようです。

  1. アンカーテキストの一部にキーワードが入っている方がよい、完全一致はNG
  2. 下層ページからのリンクよりルートドメインからのリンクがいいが、そこまで大きな差は無い
  3. リンク元のドメイン数が大事。同じドメインからたくさんもらってもあまり意味は無い。
  4. リンク元のドメインオーソリティは大事
  5. IP分散はそれほど意味が無い
  6. 適度にnofollowが入っている方よい(恐らくナチュラルだから)
  7. 内部リンクも意外にあなどれない

3.ドメイン関係の細かい部分

このあたりは「この辺も見ているのかもしれないな」くらいでいいです。キリが無いので。

図も省略致しますので、興味のある方はこちらから

4.ソーシャル関係

TwitterやFacebookの話になります。具体的には例えばShareが多いサイトは上位に表示していることが多い、等の話になるのですが、ここは飛ばします。

TwitterにしてもFacebookにしても直接GoogleがShareやLikeの数値を取れているわけではないので、あくまで結果的に相関があるように見えているだけで、実際に相関があるわけでは無いと思うからです。

Shareをたくさんされるようなサイトは、大概良いサイトなので他のリンク周りの要因なども相まって、上位表示されている、といった事ではないかと。

Shareをいっぱいされるから、上位表示される、という直接のつながりではないと考えた方が良いと思います。

※Google+は別です

5.ページ内でのキーワードの使い方

いわゆるページ内対策ですね。

TitleやDescriptionにおけるキーワードの位置は、SERPsからのCTRをあげる事を優先して配置して問題無さそうですね。

2009年と2011年で全体の重み付けを比較すると?

まずは画像を引用します。

2011年の重み付け

2009年の重み付け

Source: SEOmoz Ranking Factors

項目名が違うので、しっかり比較できないのですが、これを見ると

のではと思います。

まとめ

リンクについて、量より質になったのは流れとして納得がいきます。

また、ページ上のキーワードなどの重み付けが変わっていないのは、すでに2009年時点である程度完成していたから、ではないかと推測します。

ドメイン年齢もそれほど評価されていないようですが、ドメインエイジングフィルターはまた別物かと思います。個人的にはやっぱり、あると思うのですが…どうでしょうね。

後は、検索結果からのCTRや直帰率もどうやら関係しているようだという結果も出ていますので、これからは

「単純に集客するだけではなく、求めている物を提供してとどまってもらうこと」

をもっともっと考えなくてはいけませんね。

タイトルで引き寄せて、中身が残念なまとめ記事はもうダメです。SEO的な観点に絞っても。

 

と、あまりインパクトのある内容にはなりませんでしたが、改めてGoogleの考える方向性を帽章的に証明した調査結果なのでは無いかなと思いました。

さすがSEOmoz。大規模データを持っているところは強いですね。

 

※SEOmoについてもっと知りたい方は、このサイトのSEOmozのカテゴリをご覧下さい。

追記:この調査結果の裏側を紹介した記事も書きました。ぜひどうぞ。

 投稿:2012年1月10日(中山陽平)

株式会社ラウンドナップ
(ラウンドナップ・コンサルティング)
代表取締役:中山陽平
〒352-0011 埼玉県新座市野火止6-13-9
TEL : 048-234-3361(※平日10時〜16時)
ChatWorkID:nakayama.yohei
Email : info@roundup-consulting.jp