SES(Search Engine Strategies)をTwitterで実況

海外系のSEO情報発信で有名な鈴木さんのブログで、この間のサンノゼでのSESの模様が紹介されていました。

詳しくはブログにいくつか記事がアップされていますので、読んでいただくのがいいかと思います。

SESで、鈴木さんはTwitterを使っていわゆる「実況」を行われていて、それを記事でも紹介しています。

SESサンノゼで学んだSEOをtwitterで公開 | 海外SEO情報ブログ・メルマガ

いわゆる「つぶやき」なのですが、記事にならない部分の細かいヒントがあったので、ピックアップしてご紹介します。ちなみに相当のTwitterが飛び交っていたそうです、会場。

Twitter

  • wwwの有り無しと、httpとhttps、最後のスラッシュが重複コンテンツ問題を引き起こすことも
      
    →参考:「重複コンテンツ・重複URL」のおさらい
  • 重複コンテンツを削除した後は、GoogleBotが頻繁に来るようになる
  • 複製コンテンツを防ぐ方法。サイトレベル=>robots.txt、ページレベル=> meta robots noidex、コンテンツレベル=>nofollowタグ
  • URLを変えた場合の対応は301が最も良い
  • Canonical属性を使っているページの50%は、その使い方を誤っている。9%は別のドメインを指定している。
      →本来は、同じドメイン名内でのみ使用するもの
  • index.htmlなどのデフォルトインデックスをURLに書かないこと
  • PageRankスカルプティングは使うべきじゃない
      →参考:「なぜPageRankスカルプティングが無効になったのか
  • たくさんの”-“を使った長いURLは、それがコンテンツの内容を示しているならなんら問題はない。
  • PPC広告を一歩進めるには、地域ターゲッティングと時間帯別配信を考えるといい

LPO系のものもたくさんありましたが、ひとまず割愛します。

書籍やネットもいいのですが、実際に生身の人間から話を聞くと違いますよね。言外の情報がたくさん含まれているんです。昔文化人類学か何かの本で「文字は言葉に勝てない、言葉は踊りに勝てない」みたいなことを読んだ記憶があります。

関連情報

Search Engine Strategies – the Event for Search Engine Marketing & Optimization (SEM/SEO)

link rel=”canonical”によるURL正規化タグ――SEOにとって非常に重要な進歩(後編) | Web担当者Forum

9 Keys to Successful Day-Parting

NDAを平気で破るSEO業界の有名人※Twitter経由で知りましたが、これは果たして…?

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム