「あなたの事業環境を踏まえて現実的なウェブ活用・ウェブ戦略の道筋を作成し、ぜひそれを一緒に登っていきませんか?」

BingのWebMasterCenterにOGPなどのバリデータが出現

BingのWebMasitersCenterにバリデータがBingのWebmasterCenterBlogによると、WebMasteirToolsにバリデータ機能がついたそうです。ただ、一般的なHTMLなどではなくMicroformatsなどだそうです。

元記事はこちら。
▼Bing Webmaster Tools Markup Validation Tool – Webmaster Center blog
http://www.bing.com/community/site_blogs/b/webmaster/archive/2012/02/03/webmaster-tools-markup-validation-tool.aspx

単純なHTMLバリデータかとおもいきや、Metaデータ系のバリデータでした。

実際の動きはこちらの動画から。

具体的には

  • HTML Microdata
  • Microformat
  • RDFa
  • Schema.org
  • Open Graph

です。

それぞれですが

  • HTML Microdata、Microformat、RDFa
    HTMLにメタデータを埋め込む為のもの。Microdataが一番新しい(HTML5から派生) 
    Googleがリッチスニペットに使っているやらいないやらで一時話題になりましたね。
  • Schema.org(→詳細:schema.org 日本語訳 – 始めましょう!)
  • Open Graph(Facebookで有名ですね)

などです。

MetaData系のものをバリデートするという趣旨のようですね。

先ほどの動画では私のサイトからOpenSiteProcotolと一部Microformatsが出てきました。CMS系だと自動的に吐き出しているのかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました