ブログ最新記事一覧

代表中山陽平ブログ。ウェブコンサルティングの際に提供しているノウハウ・情報について内容の一部を配信。2004年から開始し10年以上継続。国内・海外のWeb活用・ウェブマーケティング情報、Web戦略からホームページ(Webサイト)制作、SEO・コンテンツ作成・リスティング広告・その他活用SNS・HP集客・SNSなど経営に通じる「技術だけではない」情報配信中。

Web活用できる企業になるための無料ガイドブック配布開始しました

【無料ダウンロード可能】ネットで情報収集はするが量が多すぎて優先順位づけと実行可能性の面で悩んでいる、企業経営者・Web担当者の声をよく頂きます。短期的目線の細かいノウハウではなく、経営者目線で見た中長期的な視点での体制の作り方について、約15,000文字でまとめました。

第4回:集客につながるソーシャルメディアの使い方(弥生マルシェさま寄稿)

弥生会計さんのメディア「弥生マルシェ」さんでのインタビュー記事第4回です。今回は、非常に悩ましいソーシャルメディアについての話題です。 ソーシャルメディアに対する態度は二極化する傾向があります。1つは「万能・打ち出の小槌感」もう1つは「商売には役に立たない」です。どちらかが正しのでしょうか。

【コンテンツ作成】日本語に対する感性が企業に与える影響について

結論から言えば、自ら情報を出して顧客接点を持つのは当たり前、その上で、企業内には一定レベル以上の日本語力と言葉の感性を持った「情報発信の種」となる人間を育てる、あるいは採用することが必要です。では具体的にはどういうことでしょうか。

「Webコンサルタントになるには?なりたい」という方へ

Webコンサルタントになりたい、あるいは将来そこに向かいたいという方にご相談されることは少なくありません。企業のWeb活用をサポートする方々が増えることは、とても重要なこと。だから、とても素敵な流れです。今回は、この商売につく前に考えて頂きたいことについて書きました。

【2016振り返り】一番悔しかったのは「1日1日を大事にできなかった」こと

2016年はこのように、変化が収まらないことと、さまざまな風を感じる1年でした。 目の前の景色が変わるのは最後です、周りの景色や、いわんや目に見えない遠くの景色が変わっていくのは、意識して見に行かないと気づくことができません。しかし目の前の景色が変わり初めてからでは遅いのです。もう手遅れなのです。

「失敗しない中小企業のHP作り」弥生マルシェ連載第3回

弥生会計さんのメディア「弥生マルシェ」さんでのインタビュー記事第3回です。 今回はSEOです。SEOはなかなかスッと説明するのが難しいのですが、今回は何より「良く分からない方にまず、大枠を知って頂く」ことを目指してお伝えしています。根本的な考えについておさえておきたいかたはぜひ!

ローカル・コンテンツマーケティングの勧め:地域商圏の商売のコンテンツとSEO策

ローカルビジネス(特定の地域が商圏となるビジネス)が、検索エンジン経由で新規開拓をしようとするとどんなことを行えばいいでしょうか。コンテンツマーケティングでは有名な、RiverPoolAndSpa社をコンテンツの力でリーマン・ショックから救ったMarcus氏のやり方をご紹介。

MailChimpに学ぶメールマーケティングのベストプラクティス

今回、別のブログで、恐らく世界一?1,200万人が使っているメールマーケティングツールのMailChimpのメール配信方法について、記事を書きました。これからはじめる方の予備知識としても、今やっている方の次の一手の材料としても面白いかと思います。

SERP(検索結果)シミュレーションツールをモバイル・PC切り替え機能付きで、β版復活させました

色々などさくさに紛れて使えなくなっていたSERP(検索結果)シミュレーションツールを、ひとまず手直しして再公開しました。 以前のようにYahoo!とGoogleを切り替える事はできずGoogleのみとなりますが、擬似的にモバイルとPCの出し分けはできるようにしました。

Podcast第82回公開しました – なぜウェブで成功できる企業は一握りなのか?についてです

まだまだウェブを活用し成果につなげられている企業は一握りです。ではなぜそうなのでしょうか。それはヒトモノカネなどの問題以前に1つ大きな考え方の問題があるからです。これに気づかずに流されていると、一部の企業が勝ち続ける世界は変わりません。ではそれはいったいなんでしょうか。

地域商圏・ローカルビジネスがリンクを獲得するための3つの方向性[SEO]

SEOにおいて外部リンクの獲得は重要ですが簡単ではありません。特に地域商圏・ローカルビジネスではなおさらです。また、ちまたのメディアで記事になるようなやり方は、専門人材・捻出費用があることが裏の大前提になっているものも多いなと感じます。そこで今回は、ローカルビジネス向けのリンク獲得の方向性について3つの指針をお伝えできればと思います。