ラウンドナップ・コンサルティング代表Webコンサルタント中山陽平ブログ。ウェブコンサルティングの際に提供しているノウハウ・情報について内容の一部を配信。2004年から開始し10年以上継続。国内・海外のWeb活用・ウェブマーケティング情報、Web戦略からホームページ(Webサイト)制作、SEO・コンテンツ作成・リスティング広告・その他活用SNS・HP集客・SNSなど公開。経営者にもWeb担当者にも読んで頂きたいトピックスや、経営に通じる「技術だけではない」情報として配信中。

ブログ最新記事一覧

【2016年版】統計から見えたローカルSEOで重要な順位決定要因とは?

日本のほとんどの商売は地域商圏、いわゆるローカルビジネスです。その時に集客で重要なのは地図・マップで知ってもらうこと、いわゆるローカルSEOです。ではここで上位表示し集客するにはどうしたらよいのでしょうか。2016年最新版としてローカルSEOの順位決定要因に関する調査結果がカリフォルニア大学のグループから出ましたので、それをご紹介します。

【2016/06/29版】Facebookのニュースフィードが交流重視に仕様変更

Facebookがニュースフィードの表示仕様を変更(アルゴリズム変更)するというアナウンスを2016/6/29に行いました。内容としては端的に言えば「ユーザーの家族や友達の投稿の優先度を上げた」ものです。ではそれ・その流れにより運用方法で気をつけるべき点や、変えるべき点はなんでしょうか。

実践で役立つペルソナの作り方で重要な「一人称設定・具体化・フロー」

ペルソナは役に立つ?役に立たない?ただのキャラ作りになってしまうから、時間の無駄だ…。マーケティングにおいて賛否両論・多種多様な意見がある物の1つが「ペルソナ」作りです。結論としては「意味のあるペルソナを作れば、意味がある」と考えています。つまりは作り方と意識の持ち方の問題。では、具体的に何を考えれば良いのでしょうか。

[Podcast第81回]:マーケティング・オートメーションツールを導入するタイミング

MAに関わらずツールという物は、「ツールを使おう」から入ると失敗するケースが多いです。そうではなく、マーケティングを回していて出てきたニーズを解決する物として「ツールに出会う」という流れにしないと、ツールに使われるか、あるいは使いこなせないまま終わる事が少なくありません。

あなたの会社がマーケティング・オートメーションを導入すべきか考える基準とは?

ウェブから反応を得るために、コンテンツの活用が企業に急速に広まっています。加えて、データを基にしてコンテンツなどを活用する「マーケティング・オートメーション(MA)」ツールとその機能・効果に注目が集まっています。これは中堅・小規模事業者も注目し今後チャンスがあれば優先度高く導入すべき物・サービスなのでしょうか?

ドローンをWebコンテンツに活用した事例と、裏にある大切な目線

マーケティングを行う理由の1つは「人を動かす」ことです。お客さまを動かすことができなければ、おのずから成果は生まれません。ではどうやってお客さんを動かせばいいのでしょうか?様々な観点が有ります。今回は、テクノロジーの面から1つトピックスを。具体的には「ドローン」の活用です。

カスタマーエクスペリエンス向上は白昼夢からは生まれない〜6社のトップが語るポイント

カスタマー・エクスペリエンス(CX)は様々な文脈で語られますが、セールスとマーケティングの中でも重要な存在です。なぜなら、カスタマー・エクスペリエンスの向上は、営業コスト削減と利益アップのために有効だからです。ではどうすればいいのでしょうか?今回「UserTesting社」のブログからエッセンスをご紹介します。

Webサイトの構成とコンテンツを考える際、認知心理学的に押えたいポイント

広告などで、クリックはされないが何度も表示されていればきっと、頭に染み付くだろうという考えかが有りますが、どうやらユーザーテストなどを繰り返した結果、それは「興味を持たない」というよりは、もっと残念なことに「認知のレベルで脱落している、つまり「気づかれていない」かもしれません」

パーソナライゼーションの成否は「ほど良い距離感」を取れるかで決まる

今やマーケティングにおいては、様々な場所でパーソナライゼーション(パーソナリゼーション)が行われています。ただ、パーソナライゼーションは一歩間違えると悪感情を抱かせ、販売に対してマイナスの影響を与えてしまうリスクも秘めています。では一体どういうことに気をつければ良いのでしょうか。

ソーシャルメディア担当や支援サービスを選ぶ時の判断基準とは?

企業のソーシャルメディア担当・外部パートナーを選ぶ際に判断基準とすべき点は何でしょうか。その判断基準として「こういう習慣や考え方、スキルを持っていたほうがいい」という物をご紹介します。一度嫌になった店にもう一度行かないように、ファーストタッチで失敗するとその後将来お客さんになるはずだった人を逃してしまうかもしれません。それを避けるためにも、慎重に行っていかなければならないのがソーシャルです。

2015年読まれたWeb戦略メルマガバックナンバー10選

2012年から定期的に出しているWeb戦略メールマガジン。その中でバックナンバー公開しているものを対象にし、2015年のアクセス数が多かったものをご紹介します。結果を見ると、なぜか2012年の年末年始のご挨拶が第一位でした。SearchConsoleをみると思わぬキーワードでの流入でした。