「あなたの事業環境を踏まえて現実的なウェブ活用・ウェブ戦略の道筋を作成し、ぜひそれを一緒に登っていきませんか?」

ウェブ戦略ラウンドナップ アーカイブ

8秒以内?今の買い手のコンテンツの読み方を押さえて離脱率を下げよう

どんな商品・サービスも買い手が自分に関係あり、得る価値があることが伝わらなければ、どうしようもありません。その伝達を担うのがコンテンツですが、たくさんの情報に囲まれている買い手は、個々のコンテンツにそれほど注意を向けてくれません。ではどうしたらいいのでしょうか。そのカギを握るのは「ザッピングを前提にする」ことです。

Google検索ツールで地域選択が不可に、それをきっかけとして考えたいこと

様々な所でレポートが上がっておりますが、Googleの「検索ツール」から、地域を変更する地域情報選択の部分が消えました。これはマーケターとしては手痛いことでは有りますが、ユーザーにとっては、が気づかないレベルだと思われます。これをきっかけに、何かに依存しすぎない仕組みを組み立てることをおすすめします。

Http/2.0はSEOだけではなくマーケティング全体を楽にする

少なくとも担当者としてはHttp/2.0の動向を押さえることはもちろん、自社のサイトで実装するためにはどうすればいいのか、という点を早めに確認しておくのが良いのではないかと思います。

[Tips]コンテンツを作りたいが何を書くべきか浮かばない時

コンテンツはWebマーケティングにおいて非常に重要な存在です、しかしパソコンに向かって「さぁ文章を書くぞ!」と思っても、なかなか最初は筆が進まない…ものだと思います。そこで今回は商売に必要なコンテンツを、少しでも楽に書くためのTipsです。

2015年11月版:5億件のデータによるFacebookの投稿時系列データ

SNSを活用するなら、その場にいる相手について深く理解する事が重要です。なぜならそうしないと、ただの邪魔者になってしまうからです。今回は、Bufferのブログから、5億件のデータをもとにしたFacebook投稿の2015年11月最新版のデータをご紹介しあます。

SEO・そもそもマーケティングはインハウス化するのが本当に理想なのか?

インハウス化はつまりは「内製化」。他の条件が同じなら、自社でできるようになった方がいいのは当然です。しかし現実的にはどうでしょうか。結論から言ってしまえば、相当リソースがある企業でないとマイナス面も多いと考えるべきです。では具体的には何を気にすべきでしょうか。

デザインやレイアウト変更後にテストを行うことのマーケティング的重要性

デザインでもレイアウトでも他のマーケティング施策と同様に、「テストをする前提」で変更することが重要です。伝統的なデザインを取らない時はユーザーテストやヒートマップなどでスプリットテストを行うことをお勧めします。具体的に、問題点を抱えたサイトと解決案をご紹介します。

Webコンテンツの評価はどう行うべきか?

Webサイトなどに載せるコンテンツは非常に重要です。なぜなら、インターネット上でメッセージを伝える手段のほとんどは、ほとんどコンテンツ経由だからです。それでは、いったい自社のコンテンツが良いのか悪いのかはどうやって判断すればよいのでしょうか

新連載:BenchmarkEmailさんで「他社メールマガジン大解剖」第1回はCLINIQUE

BenchmarkEmailさんのBlogにて新しい連載を始めました。題して、「他社メールマガジン大解剖」です。海外のHTMLメールを分析してそのキモを探っていく連載です。おかげさまでメールボックスが英語だらけになっています…。自分でも面白かったので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

【後編】商売に役立つコンテンツ作成における必須の7項目

商売に役立つコンテンツを作るために、キープしておきたいポイントについて、先週前編をお送りしました。まだご覧になっていない方はまずこちらをご覧ください。今回はその続き、後半です。
タイトルとURLをコピーしました