ラウンドナップ・コンサルティング公式ブログ 代表中山陽平が記事執筆。コンサルのノウハウ進化のための情報収集の一部を発信中。2004年〜開始。

ユーザビリティに直結する、デザインで重要な4つのポイント「CRAP」

ユーザビリティコンサルタントを行なっているUserFocus社のブログから、ユーザビリティデザインに関する4つのポイントです。

これ以外にもユーザーインターフェイス設計をする際に考えておきたいポイントはありますが、まずはこの4つのポイントを押さえておくのがいいのではないかと思います。

▼A CRAP way to improve usability

具体的には以下の4つで頭文字をとってCRAPですね。

  1. コントラスト(Contrast)
  2. 繰り返し(Repetition)
  3. 整列(Alignment)
  4. 近似(Proximity)

コントラスト(対比)

  • コントラストを意識すると、ユーザに大事なものとそうでないものを直感的に伝えられる
  • 次に起こして欲しい(起こすべき)アクションを伝えられる(予め殆どの場合こちらを選択するだろうというものなど)
  • ケースバイケースというわけではなく「文字の太さを変える」「色を薄くする」などセオリー的なものがあるので、まずはそれを考慮するべき

繰り返し(一貫性)

  • 同じコンテキストでは同じアイコン、フォントに見出しやリンク、リストのデザインを使う(デザインのガイドラインを作る)
  • WEBの場合は、ユーザはすでにたくさんのサイトを見ており、一般的にはHTMLのボタンなどのデザインはデフォルトのOSUIを使っている。 そのため、ユーザエクスペリエンスの観点からデフォルトを基本的には使うべき。
  • 見出しの位置や検索ボックス、ページナビゲーションの位置も同様
  • 悩んだら実際にユーザが実行しているところを想像し、それをサポートするにはどうしたら良いか?と考える

整列

  • 整列は実はかなり大きな効果を持っている
  • 物と物とをつないだり、グルーピングするということにおいて力を発揮する

近似

  • 人間はモノを把握しようとする時に、個々の要素ではなく、グルーピングされているであろう塊ごとに見るようだ(とゲシュタルト派は強調している)
  • 近くにあるものは関係があるものだと思うものだ

終わりに

ユーザーインターフェイスデザインというのは、デザインの真骨頂だと私は思っています。

デザイン=コミュニケーションツールだと思っているので、ユーザとツールを結びつける「インターフェイス」という部分はまさにデザイナーの腕の見せ所です。 直感的な操作をいかにして実現するかは、ノーマン氏の著作などにもありますが、WEBだけではない人間のエクスペリエンスや、脳がどのように形や色彩を意識するかなど、いろいろな要素がからみ合ってきいます。

おそして恐らく人種や民族、文化的な要素でも違うでしょう。 深いです、なので大好きです。ちょっとユーザビリティ関係をさぼっていたので、情報感度を上げていかなきゃなぁと思っています(いいブログなどあったら教えて下さい(^_^)

Webコンサルタント中山陽平公式サイトお悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

No Trackbacks.