Googleのマルウェア警告機能で気を付けなくてはいけないこと

Googleのオンラインセキュリティブログにて発表されていますが、Googleがマルウェアに「感染していると思われる」PCに対して警告を出すようになったそうです。

▼Using data to protect people from malware – Google Online Security Blog

具体的にはこんな表示です(クリックで拡大)

Your Computer appears to be infected

Your Computer appears to be infected
It appears that your computer is infected with software that intercepts your connection to Google and other sites . 

 

単純に訳すると、あなたのコンピュータはGoogleとデータをやりとりする際に何か別のソフトが挟まってますよ、というところでしょうか。

Googleが今回指している「マルウェ」アは、検索クエリなどのデータをGoogleとは別のProxyサーバにも流していますよ、というタイプのようです。

Googleの検索クエリやらだけを取得しても仕方ないので、おそらくそのPCのHTTP通信内容をひと通りスニッフしているんです(平文のパスワードとか危ないですね)

気を付けないといけないこと

このGoogleのブログにも書いてありますが、この警告表示を模した悪質なバナーがおそらく出まわると思います。

最近あまり見ませんが、Windowsのアラートダイアログを模したバナーが昔はたくさんありましたよね。

基本的にGoogleの検索結果の最上部にしかこれは表示されないので、それ以外のところで、Googleのロゴ入りでこの表示が出ても、焦ってクリックしないようにしなければいけません。

なかなか難しいところですが、結構悩ましいことをやってくれたなぁGoogleさん、という思いもあり、ちょっと複雑です。

 

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム