GoogleAnalyticsで、Facebookページを解析する方法。

前回に引き続いてGoogleAnalyticsの話題です。
今回はFacebookページをGoogleAnalyticsで解析する方法について。GAsupportを使います。 

1.サイトからFacebookページへのアクセスを計測する方法

自分のサイトからFacebookページに誘導をかけているとき、

  • いったいFacebookページには何アクセス行っているんだろう
  • 自社サイトのどこから、どれくらい誘導できているんだろう
  • それ以外のどこからアクセス者は来ているんだろう

といったことが気になりますよね。

1_2.大きな流れ

大きな流れとしては

  • 自分のサイト内に、Facebookページへリダイレクトするバウンドページを1つ作る
  • Facebookページのトップに埋め込むiframeにもGoogleAnalyticsのコードを埋め込む

の2つの作業を行います。

1_3.手順

以下の動画をごらん下さい。

今回もGaSupportを使わせてもらいます。

  • iFrameでウェルカムページを作っている場合でのみ、この方法は利用可能です。
  • Facebookページに直接リンクするのはなく、1ページ、リダイレクトページを挟みます。
  • Facebookページでiframeで読み込んでいるページにもトラッキングコードを入れますが、Facebook内での遷移は入れないようにします。

この動画の手順通り、トラッキングコードを仕込めば、ジャンプページを経由することで、Referrerが分かるようになります。

さらにFacebookページ自体のPVはFacebookページのiFrame内で読んでいるページのPVから分かります。(ジャンプページのPVでもいいように思いますが、正確性を期しているのかもしれません。)

直接Facebookページに飛ばしてしまうと、iframe内でページを読み込んでいたとしてもRefererは取れないので、このようにワンバウンド入れる必要がでてきます。

※なので、あくまで、自社サイト内からの遷移というしばりです。

サイトのゴールの1つとしてFacebookページのいいね数などをあげている所もあると思いますので、有用では無いかなと思います。

とは言え、いいね数が多ければいいというわけではありませんが…実際のいいね数≠エンゲージメントの量なので。

_addIgnoredRefについて

ちなみに、iframe内に仕込むトラッキングコードに出てくる「_addIgnoredRef」ですが、これは

Excludes a source as a referring site
Refererから特定のサイトを除く
http://code.google.com/apis/analytics/docs/gaJS/gaJSApiSearchEngines.html#_gat.GA_Tracker_._addIgnoredRef

というものです。

普通は、あるサイトからのアクセスは「Direct」として扱いたい、等の理由で使われるもののようですね。

お悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム