ラウンドナップ・コンサルティング公式ブログ 代表中山陽平が記事執筆。コンサルのノウハウ進化のための情報収集の一部を発信中。2004年〜開始。

頑張って書いた記事がブレイクしない、そんな時に役立つ4+4のTIPS

頑張ってブログの記事やその他のコンテンツを作ったのに,全然反応がない…という事態に出会ったことのない方は恐らくいないはず。

そんなときに事前チェックすべきの4つの原則と、さらに4つのTIPSについてSEOmozのDailySEOブログぼ記事をご紹介します。

思うようにコンテンツマーケティングが成功しない…という方にはヒントになるのではと思います。

元記事はこちら

▼Why Does Great Content Fail? | SEOmoz :
http://www.seomoz.org/blog/why-does-great-content-fail

そもそも気をつける4つのポイント

評価される、拡散するコンテンツは以下の様な性質を持っているのではとまず述べられています。

  1. 信頼性がある
  2. よくこんなに頑張って作ったなと思ってもらえる
  3. コンテンツを吸収した後に、すぐに実際の行動に移りやすい
  4. 他の人に伝えたいと思わせる

これは特に、まだオーソリティが無いサイトの場合にとても重要ですね。

年末の限定メールマガジンでも書きましたが、情報があふれている時代で人々は

  • 情報の全てを吸収して自分で判断することを諦め
  • 「みんなが使っている」「業界的に有名」な人の”信頼性のある”意見だけを収集し
  • それから判断し、行動する

といった傾向があります。

なので、できたてであったり無名のサイトは、信頼性が無いので、かなりきちんとコンテンツを作っていかないと、なかなか拡散していきません。また、上記3番と4番もきっちり行う必要があります。

※もし可能なら、オーソリティのある人に協力を頼むときっと早いでしょうね。

日本の場合、はてなブックマークやTwitterが大事

日本なら、なんだかんだで「みんなが支持している物は良い物だ」という傾向が強いです。

私の場合、iOSのユーザーインターフェイスの記事が1500くらいのはてなブックマークがついていますが、これを境に結構色々変わりました。

もしかしたら不本意かもしれませんが、一般受けする記事を書いて先にオーソリティを高めるというのは、有効な手段です。

それ以外の4つのTIPS

1.本当によいコンテンツだと確信するなら、信じて人々に繰り返し伝える

それが本当によいコンテンツだと確信しているなら、SNSやメール、コメント欄を通じて、少しでも多くの人に「ちゃんと読んでもらう」ことを繰り返し行うべきだと、記事では述べられています。

Twitterで1回ツイートしただけで、みんなに伝わると思うな

ということですね。繰り返し繰り返し、空気を読みながら伝え続けます。
その記事をあまりにも宣伝しすぎるのもあれなので、例えば関連記事を書いて、その中から誘導するという手もあります。 

徹底的にやるなら、関連記事を10コくらい書いて、それぞれでメッシュリンクを張り、定期的にSNSに流すなども有効です。

2.告知タイミング、時間を考えろ

日曜日の8時に告知しても、特にB2Bなら誰も見ていません。

もちろん月曜日になれば、見る可能性はありますが、メールなら他のメールに埋もれて奥の方に言ってしまっているでしょうし、 TwitterやFacebookなら埋もれてしまっているでしょうね。

必ずしも記事を公開する時間と告知する時間を合わせる必要はありません。

ただ、可能な限り合わせるのが賢明です。なぜなら

  • (恐らく)記事作成後、どれくらいのアクセスやリンクなどの言及があったかをGoogleはコンテンツの価値指標の一つにしている。(なぜならYouTubeがそうだから)
  • SNSなどでリンクをクリックして出てきた記事が、フレッシュで無ければ無いほど反応が落ちる(今の時代フレッシュな情報が求められているので)

だからです。

3.その後のプロモーションもきちんと行う

ブログ記事レベルでしたらそこまで手をかける必要も無いかと思います(割に合わないので)ただ、ガイドブックなどのものについては、きちんとプロモーションプランを考えておくべきです。

ソーシャルメディアをどう使う?リンク獲得はどうする?紹介記事を関連したトピックを扱っているブログに書いてもらう?などなど。

プロダクトローンチをするなら、なおさらです。

4.他のサイトに掲載する

コンテンツにもよりますが、普通のブログ記事なら

  • FPNなどのゲストポストを募集しているところ
  • 別の自分のブログ
  • 他の人のブログにゲストブロガーとして参加

などでしょうか。まだあまり日本ではゲストブロガーという文化は無いので、あらかじめ自分のコンテンツを展開できるような場所をいくつか確保しておくのが良いと思います。

私も、ITmediaやこのブログ以外にもいくつか確保しています。

ブログ記事以外ならnanapiなどもいいかもしれません。

 

とは言えローマは一日でならず

以上が、記事で紹介されているステップです。

とは言え、なかなかネットで認知されて爆発するというのは偶然性の観点も含めて、思うように行きません。

何度も挑戦していつか引っかかる位の気持ちで、良質なコンテンツを出し続けていればいつかは目にとまってくると思います。

何だかんだ言っている私のブログも大したアクセス数では無いのであれなのですが…(^_^;)

 

Webコンサルタント中山陽平公式サイトお悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム

コメントはこちらから

Loading Facebook Comments ...

No Trackbacks.