ラウンドナップ・コンサルティング公式ブログ 代表中山陽平が記事執筆。コンサルのノウハウ進化のための情報収集の一部を発信中。2004年〜開始。

ただサイトのコンテンツ数を増やすだけの仕事になっていないか?

20130424_FBFP_contents_vpホームページにコンテンツを自分で・自社で追加すること。それは徐々に一般的になっているなと思います。

カタログからの引き写しのような自社紹介や製品紹介、更新されず季節感もないお客様の声が並んでいるようなウェブサイトは一昔前に比べると随分減ってきたんじゃないかなと感じています。

オンライン上でのマーケティングについて、改善の相談を貰う場合、サイトの改修がタスクとして上がることが多いのですが、ほとんどの場合CMSを入れたりあるいはDreamWeaverで更新しやすいように「テンプレートつき・更新手順動画付き」で制作したりしています。

※【特集】をアップしましたのでこちらも御覧ください「戦略的WEBコンテンツ制作・作成術 」

ただこのコンテンツ制作というのはやはり一筋縄ではいかず、時には主に内容面で問題になるような投稿をしてしまうケースもあります。あるいは問題にはならないまでも、あまり意味のないコンテンツを作ってしまうケースもあります。

「投稿」ボタンを押す前にチェックしたい7つのポイント

まずはProBloggerの「Stop. Don’t post that post! 7 questions to ask before you hit publish 」という記事。

この中で7つのポイントが挙げられています。簡潔にまとまっているなと思うのでまずはご紹介します。

具体的には

  1. 信頼性の面は大丈夫か?
  2. 独自性のあるものか?
  3. 見る人にとって便利なものか?少なくとも楽しんでもらえるものか?
  4. 分かりやすいか?
  5. あなたはその記事を、友達に知らせたいと思うか?
  6. あなたのウェブサイトのゴールに貢献するか

です。

特に大事なのは最後の「ゴールに貢献するか」

7つの項目のうち、最初の6つはよく耳にする内容だなぁと思います。

一番大事なのは一番最後の、そのページが「あなたのウェブサイトのゴールに貢献するか?」です。

20130424_FBFP_contents_vp

これが結構抜けている場合が多いです。

元記事には

Why are you posting the article? Is it just to add some fresh content? To give you a boost for a certain keyword? To cover off a reader enquiry? To launch a new product or idea? To attract a new audience? To give your opinion on a news event? Or all of the above?

とあります。

要は「ただ新しいコンテンツを追加したいだけじゃないの?」ということです。

目的と手段が一体化してしまう

もともと「何かをするためにコンテンツを書く」わけです。時間をかけているわけですからビジネスに対して一定の貢献が見込めないと、そもそもプライオリティは下げるべきです。

日々”コンテンツを追加する”こと自体は手段でしかなく、例え日記的なコンテンツであっても、その裏には

  • 定期的に社内の姿を公開することで「賑わい感」や「オープンさ」「人間味」などを伝えて、相談してもらいやすくする
  • 仕事に対する日々の姿勢を綴っていくことで「信頼感」や「仕事への姿勢」などを感じてもらい、電話問い合わせの敷居を下げる

などの目的があるべきです。

  • 毎日コンテンツを何かアップしていけば、きっといいことがあるのだろう
  • そうしろと言われているし、しないと怒られる

みたいなことになってしまうと、コンテンツの方向性もわけがわからなくなり、しまいには「今日はみんなでボーリングに行きました、楽しかったです」のような、なんのために公開しているのかわからないコンテンツが、たくさんアップされる事態になります。

それが事業に貢献するかというと、まずないです。

その間にトラブルでも起きていれば、クレームに繋がることだってあります。

ただサイトのページ数を増やすだけの仕事になっていないか

コンテンツは、ただ多ければいいというものではないです。

マーケティング戦略に沿って、一貫性を持って作っていかなければならないですよね。

常に「このサイトのゴール」を意識して、それに貢献するためのコンテンツ作り。その姿勢があるかないかが、見えない所で効いてきます。

コンテンツを作る時は

  • ソースの信頼性やユニークかどうかなどの基本的な部分を押さえ
  • サイトの目的を考えて「このコンテンツを通じて、アクセス者にどうなってほしいか」かを明確にし
  • それが実現できそうか吟味する

ことが大事です。

「ただサイトのページ数を増やすだけの仕事」にならないように。一度、コンテンツ作成の前にこういったことをチェックしてみてはいかがでしょうか。

アクセス者をゴールに導くコンテンツが増えていけば、サイトの回遊率は上がりそしてコンバージョン率や数の向上に繋がります。

この記事がご参考になれば幸いです。

 20130424_FBFP_contents_vp

 

※関連無料動画セミナーもよろしければご覧ください

 

Webコンサルタント中山陽平公式サイトお悩みの方へ。一回のご相談で解決することもあります
ラウンドナップ・コンサルティングへのお問合せ方法 お電話でのご相談もお気軽に。[048-234-3361](10〜16 土日祝日除)全国対応 24時間受付 お問合せメールフォーム