WEB解析HTML_アイキャッチ画像必要なスキルは特にありません。 ですが、インターネットを使ったことがない方は、先にWEBについての基本的な知識を得ることをおすすめ致します。 フライパンを使ったことが無い人がフライパンを売ろうとするようなもので、不可能ではありませんが効率がよくありません。

先にフライパンを使ってみてから、フライパンの使い方の本を読む方がトータルでの時間は短くなりますよね。

また、分からないことはすぐに調べてみて下さい。 誰もが最初は初心者ですので、最初から何もかも分かっている必要はありません。

ですが、分からないことは調べて吸収していこうという方でないと、日進月歩のWEBの世界ではなかなか上手くいかないものです。 特にWEBマーケティングは非常に進化の速度が速いです。それだけ必要とされているからなおさらです。

ぜひ、このガイドブックの中で分からない単語がありましたらすぐに検索し、その場で覚えてしまって下さいね。 きっと、より新しい情報・役に立つ情報が得られるかと思います。

どんなスキルを手に入れたいか意識してみて下さい

どんな勉強でも、目標がなければなかなか前に進めませんし、進む方向もブレがちです。 会社の現場なら、上司と相談してスキル目標を設定するのがいいかと思います。 そして、その次はその目標を実現するために「できなくてはならないこと」を想像してみて下さい。

ホームページ上で月に2回のキャンペーンを告知して、来場者数を2倍にしたいなら、「WEBページを思い通りに作成できる技術」と、「アクセス解析の導入と見方」はまず覚えなくてはいけません。 また、そのキャンペーンの詳細が決まるのが2日前なら、「テスト含めて1日程度でそれを完了するスピード」が必要ですよね。

あるいは、来場者の方にモバイルサイトとメールマガジンを案内して、定期的にフォローしていくなら、「モバイルの知識やチラシなどのダイレクトマーケティング媒体との連携の仕方」、そもそもの「メールマガジンの発行と運用」も覚える必要があります。 そのように、目標を達成するために何が必要なのかな?ということを、逆算して可能な範囲で考えて下さい。

いわゆる会社人ではない場合は?

会社ではなく個人事業主である場合、もしくはサイドビジネス寄りの場合は、仮想的に会社的ビジネスを想定するよりも、素直に今の状況下でモチベーションが上がる物にすることをお勧めします。

例えば「純利益として、今住んでいる家の家賃 or 住宅ローン額が手に入るサイトを自分1人の力で作り出すことができる」ですとか。 ちなみにこの「家賃をひねり出す」これはかなりのハードルです。広く考えれば

  • マーケティングとセールスの知識(SEM・SEOなども含む)
  • ホームページを作成するHTMLやCSS、JavaScriptなどの知識
  • 設置するサーバやドメイン、DNS、場合によってはプログラムの知識
  • リスティング広告などの広告の知識
  • 経理の知識

などが必要です。 どちらにしても「よく分からないなぁ…」「大変だなぁ…」と思われるかもしれませんが、必要なスキルをゆっくりでも網羅しようという気持ちでトライしてみて下さい。 きっと、今までとは違う楽しい世界が見えてくると思いますよ。

想定しているメインの読者像

ところで、ここからは最も大変な状況であろう「なんだか分からないけれど突然ウェブ解析をしろと、WEB担当者だぞと言われた」という方々をメインに据えて進めていきます。

すでにある程度知識があったり、チームがあったりと、もっと異なる環境にいる方には冗長な部分もあるかと思いますので、そこは適度に読み飛ばして下さい。 もちろん、全く違った環境の方でも全く問題はありません。あくまでメインがどこかというお話です。 お気軽に読み進んで、良いとこ取りしていただければ幸いです。

おことわり

このテキストは2010年10月時点に書かれた物です。 そのため、リンク切れや記述の不整合、ツールの仕様変更などの可能性があります。ご了承下さい。また、気づかれましたらメールなどでご一報頂ければありがたいです。

 コンテンツナビゲーション

 

目次・コンテンツ一覧

コンテンツ一覧・目次