「どうしたらいいのか分からない中小企業・小規模事業者の方々、まずはお気軽にフォームからご相談下さい」

第7章:アクセス解析で洗い出し – 問題点の発見

アクセス解析で洗い出し

WEB解析HTML_アイキャッチ画像途中で脱落せず、0の人が全て10までいくのが理想なのですが、さすがにそれは厳しいです。

途中途中の脱落者をなるべく少なくするという方向で考えてみて下さい。

まず手を付けるべきは、その中でも最も脱落者を出しているフローの部分からです。ここを割り出さなくてはなりません。

前提として「アクセス解析ツール」の基本的な使い方は先に覚えておかなければいけません。

「アクセス解析ツール」の使い方は、大きくは「用語の意味を知る」「ツールの使い方を知る」の2種類に分かれます。

ここから先はアクセス解析上の用語もポンポンでてきますので、まだの方は、書籍などを見てまずざざっと覚えてしまうと早いです。

用語は20~30程度ですし、直感的に分かりやすいものがほとんどですので、随時調べるより先にまとめて覚えてしまうことをお勧めします。

さて、先ほどの流れを思い返します。

  1. パソコンの前に座る(携帯を出してネットに接続する)
  2. 検索エンジンで特定のキワードで検索する
  3. たくさん出たサイトの中で、いくつかめぼしい物をクリックしていく。
  4. その中で御社のホームページもクリックされて、閲覧される
  5. 閲覧し、他のサイトと比較されながら検討する
  6. 結論としてあなたのサイトが良いと思う
  7. 問い合わせフォームを探す
  8. 問い合わせフォームを見つける
  9. 問い合わせフォームを見て、フォームに入力する
  10. 送信ボタンを押す

これを一つ一つ計測・評価していくにはどうしたらいいでしょうか。

ここから、それぞれのステップごとに、その概要と計測方法についてまとめていきます。

コンテンツナビゲーション

日々、たくさんの方々のご相談に乗っています

お問合せはこちら
お問合せはこちら

こちらのコンテンツもご覧下さい

eラーニングのススメ

eラーニングメソッドの中でもコンテンツとその周辺について詳しく解説しています。ぜひご覧下さい。ウェブ活用全体について、実際に中小・小規模事業者の方々へのコンサルティングのベースになっているノウハウを動画で配信しています。

ご検討のために音声セミナーを

Webコンサルタント中山陽平の「中小企業を強くする」実践ウェブ戦略Podcast

iTunes公式ディレクトリ他でも配信している無料音声セミナー(ポッドキャスト)でもコンテンツに関して扱っています。まずはコンテンツ関連の回から、そしてその他の回もぜひチェック下さい。

このホームページをフォローする
中小企業むけWebコンサルティング会社【株式会社ラウンドナップ】
タイトルとURLをコピーしました